noraばばの お遊び記Ⅲ

babakzk929.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 25日

沙羅双樹(明王院) 福山市草戸町

明王院の沙羅双樹が満開だから見に行こうと誘われて楽しい時間を有難う
a0289242_1519873.jpg

a0289242_15194884.jpg

明王院『源平合戦図屏風』を鑑賞しながら越智先生の講演を、、、
a0289242_1520863.jpg

a0289242_15203346.jpg

a0289242_1521033.jpg

a0289242_15212878.jpg

a0289242_15232945.jpg


メジロの赤ちゃん??巣から落ちやったのか?
a0289242_1525738.jpg









2011年3月11日東北大震災が起きたにカンバジアで見た沙羅双樹
a0289242_15040092.jpg
a0289242_15035083.jpg


a0289242_15034056.jpg



[PR]

# by babakzk9292 | 2017-06-25 15:34 | お花 | Comments(0)
2017年 06月 08日

今井絵美子さんのメール転記


梅雨入り宣言と共に今日は一日中雨です。五月が珍しく雨の少なかった月で、久々の雨に草木は悦んでいることでしょう。
けれども、ほんの少し降っただけなのにもう太陽が恋しいとは……。ことに、このところ放射線治療で毎日病院がよいのわたくしには雨は堪えます。
さて、五月に新刊が刊行されなかったので、皆さまはどうしたのだろうかと心配していらっしゃったのではないでしょうか。
大丈夫ですよ。以前よりほんの少し書くペースが落ちましたが、現在も身体を休め休めしながら頑張っていますので安心して下さい。
そんなわけで、今月十五日頃、新シリーズ「ぶぶ漬屋稻茶」の第一弾「稻茶でございます」がハルキ文庫より刊行されます。
「立場茶屋おりき」シリーズが昨年の八月に二十五巻で完結をみましたが、新シリーズは深川を舞台に半井夢之丞、真沙女母子が織り成す、おいしい匂いのプンプンする人情シリーズとなっています。
半井夢之丞、真沙女母子と聞いて、おやっ、とお思いの方もいらっしゃると思いますが、そうです!!  「出入師夢之丞覚書」シリーズのリニューアル版なのです。
出入師シリーズはこれまでに三巻刊行されたまま、途中で中断となっていましたが、再び生まれ変わることになりました。
これまでは浪人夢之丞が息子の仕官を夢見る母真沙女にお尻を叩かれながら、生きていくために出入師というなんでも屋をやりつつ、市井の人々と交流していく姿を人情味たっぷりに描いてきましたが、「ぶぶ漬屋稻茶」シリーズは武家にしがみつく生き方に疑問を持った半井母子が新たにぶぶ漬屋を開いて懸命に市井人として生きようとする姿をご覧に入れることが出来るでしょう。
半井母子を取り巻く登場人物、舞台背景などは出入師シリーズとまったく同じですが、生まれ変わった真沙女の新鮮な姿や、庶民的な料理などをとっぷりと味わっていただきたいと思います。
大好評のうちに終わった「立場茶屋おりき」シリーズとはまた少し違った面白さもありますので、皆さま、おりきシリーズ同様にどうか贔屓にしてやって下さいませ。
今井 絵美子


[PR]

# by babakzk9292 | 2017-06-08 09:16 | 今井 絵美子 | Comments(0)
2017年 05月 23日

姫島(大分県)アサギマダラ




5月19日~21日久しぶりに同級生BaBa2人で出かけて別府駅で合流3BaBaの珍道中のはじまり
今回の目的はアサギマダラに出会う旅です。
もう姫島に飛来していると云う情報にわくわくしてでかけました
福山駅7時34分発小倉着さくら 小倉からソニックで別府10時14分着 

迎えの友人が食材野菜お肉お魚(鯛)福山の人に鯛を持ってくるのは?と笑いながら・・・
(福山は鯛網シーズンで鯛の美味しいところで彼女も福山出身なので・・・)
地獄蒸しの釜で卵・ブロッコリー7分で蒸しあがり 家で蒸したりゆでたりするのとは甘味が違ってとってもおいしくて
鯛・ホタテ・牡蠣・豚肉・キノコ・わっぱ飯15分で出来上がり タイマーを持たされてハイ
こんなに食べられないと・・・3BaBa・・・そんな事はありません きれいに完食です。
11時前から行ったので並ばず すいすいと食事が出来てラッキーお腹も満足したのでさあ出発 
鶴見岳ローブウエイに何回もやって来ても素通りでしたが今回頂上からの景色を眺める
a0289242_1913548.jpg
a0289242_192924.jpg

ミヤマキリシマ咲き始めていました 山に登ってみたいけれど登れなくなってこうしてロープウェイでも上から眺められて幸せかな・・・
a0289242_1923955.jpg

今から10年も前でしょうか?アサギマダラに偶然出会いました里山登山していて空が暗くなりお天気が悪くなってきたので
もう帰ろうと帰り道でカメラをかまえてた人がいてなにを撮るのだろうと思っていたら 
ヒチコック映画の鳥のように蝶々が舞って気持ち悪いねと云いながら帰りました。
それがアサギマダラだったのです。毎年のように9月第一日曜日アサギマダラに出会うために出かけました 
だんだん数も少なくなってきたり出会えなかったりフジバカマの沢山ある場所を見つけたらそこに
沢山のアサギマダラがいて喜んだりそんな話をしていて 今回姫島の旅が
久留米に住んで別府にリゾートマンションを持っている友人が呼んでくれて実現しました
昨日少し写真をUPしました

朝5時起き5時30分マンション出発7時30分のフェーリーに間に合いますように2時間くらいのドライブ
早朝で車が少なくスマホナビで後ろから運転手にあと○○kmあと○○分今度は右折左折と云いながら
近くまで来たのでスマホ案内を消しました とこらが最後の最後で右折の大きな案内板を見過ごし通過
運転手がおかしいだんだん山に向かっている おかしい引き返して渡船場に こんなにおおきな看板がどうして見えないのか不思議??
7時5分着 手続きをして一番に乗船車は4台でした 乗客はリュックを背負った人等結構大勢乗船
島(地元)の人以外はアサギマダラ目的かな?

姫島上陸早速みつけ海岸に きれいな海を見て走っていると人影が・・・・
アサギマダラがいました いました それは数えられないくらいたくさん
守る会の方が今日は700頭くらいいますとおっしゃっていました。

蝶々に興味のない友人BaBaも数の多さ舞うアサギマダラに感激していました
そこで今森光彦さんに出会いましたテレビ取材を受けていらっしゃるようでした 
友人が知っていてお話をしました。ラッキー
灯台のほうにもスナビキソウを植えてますから行って見てはと教えて貰ってするとさくらの木に
スナビキソウをはり付けて そこにアサギマダラがスナビキソウが見えないくらい集まっていてビックリ!!
じっくりみましたがどれも雄のようでした
a0289242_19122250.jpg
a0289242_1942870.jpg
a0289242_21193264.jpg
a0289242_19133677.jpg
a0289242_1914148.jpg

a0289242_1945245.jpg
a0289242_1953063.jpg
a0289242_21154350.jpg
a0289242_1962474.jpg






ハートの木株も一応パチリ
a0289242_19101250.jpg
a0289242_1994289.jpg



10月中旬頃その世代を交代した蝶が、北から暖かい南へと向かう途中で、「金地区」に生えているフジバカマの花の蜜をもとめて来る場所も見に行き たくさんのフジバカマが30センチから50センチくらいに育ってるのを確認
スナビキソウのはえている場所とフジバカマのはえている場所は違うのですが アサギマダラは賢いですね
春は海岸に秋は山に
すぐ傍に植生のキジョランもありましたが植えられたそうです 葉の中央に穴が空いた葉や食べられた葉を見つけ幼虫がいるかと探しましたが見つかりませんでした。



a0289242_11270968.jpg

広島県・岡山県にも立ち寄る場所があるそうです。

帰り宇佐神宮に立ち寄る

北海道から沖縄まで全国約4万社あまりある八幡宮の総本宮だそうです。広くて歩き疲れました。九州の大分県宇佐市
ご利益がありますように・・・









[PR]

# by babakzk9292 | 2017-05-23 09:32 | 旅行 | Comments(2)
2017年 05月 21日

姫島アサギマダラに会いに

大分県姫島のアサギマダラに会ってきました。
a0289242_2110303.jpg

浜にはスナビキソウが咲き、そこにアサギマダラが飛び交っていました  ラッキー
a0289242_21124315.jpg

a0289242_21193264.jpg

灯台のあるところの桜の木「に
a0289242_21154350.jpg

[PR]

# by babakzk9292 | 2017-05-21 21:30 | 旅行 | Comments(1)
2017年 05月 07日

クマガイソウ(熊谷草)

a0289242_15545456.jpg


a0289242_15553750.jpg


a0289242_15561835.jpg


a0289242_1556433.jpg


和名の由来は、アツモリソウともに、膨らんだ形の唇弁を昔の武士が背中に背負った母衣に見立て、
源平合戦の熊谷直実(くまがい なおざね)と、平敦盛(たいら の あつもり)にあてたものである。

この辺りでクマガイソウが見られるのは神石山野草の里だけだと思っていましたが思わぬところに咲いていました。
満開の時期に出会えました ラッキー
[PR]

# by babakzk9292 | 2017-05-07 16:04 | お花 | Comments(1)