noraばばの お遊び記Ⅲ

babakzk929.exblog.jp
ブログトップ

2013年 06月 04日 ( 2 )


2013年 06月 04日

ミヤマキリシマ・紫陽花・花菖蒲・ジャカランダの森と彩りの南九州フラワー街道

6月1日
きくすいの里===高瀬川花菖蒲園===霧島温泉郷
熊本県玉名市高瀬の裏川一帯でおこなわれるのが『高瀬裏川花しょうぶまつり』です。この一帯には、7万本近い菖蒲の花があるそうです。
この浦川には、石橋や石垣が残っていて、菖蒲の花が咲くと本当にキレイだそうです。各種イベントもあるそうなので、結構楽しめる感じです。
小雨の中花菖蒲を本当は1日『高瀬裏川花しょうぶまつり』の初日でしたが雨で延期になったようです。
傘の花が咲き
a0289242_2048075.jpg

a0289242_20481956.jpg

a0289242_20483678.jpg

霧島ロイヤルホテル泊

6月2日
えびの高原===
韓国岳頂上にミヤマキリシマ開花。
「花はキリシマ…」の最終段階となる つつじヶ丘のミヤマキリシマはチラホラ程度になる
オオヤマレンゲ硫黄山見頃。雨に咲く花
ミヤマキリシマ咲いていましたが曇り時々小雨・・・歩く間だけ降らなかったのが幸いでした。
一瞬見えた韓国岳(カラクニダケ)
a0289242_20485415.jpg

a0289242_20534693.jpg

こんな案内板を見るとリュックを背負って登りたいなぁ~
a0289242_205467.jpg

a0289242_20551095.jpg

a0289242_20552781.jpg

a0289242_20554674.jpg

===南郷町・ジャカランダ
ジャカランダは中南米に約50種類が分布する樹木です。日本で主に栽培されているのは、ジャカランダ・ミシモフォリア〔J. mimosifolia〕という種です。
ミモシフォリアはアルゼンチン原産の落葉高木で樹高は15mに達します。現地では街路樹などに広く利用されています。
熱帯では乾期の終わりに落葉した状態で花を咲かせ、その後に新芽を出します。花の色は淡い藤色で神秘的に美しく、「世界三大花木」のひとつとされています。
ひとつの花房に50~90コの花を付け、満開時は木を覆うほどに咲き乱れます。白花の変種が知られています。
葉は鳥の羽のように繊細で細かく、非常にやわらかな感じがします。充分な大きさに育った木でないと開花は難しく、日本では鉢植えの若木を観葉植物として扱うことが多いです。
ジャカランダの名は、ブラジルでの呼び名から付けられたポルトガル名に由来する、とされています。

花はもう終わりを迎えていましたが薄紫の花は咲いて上から海岸線と一緒に・・・
a0289242_2124877.jpg

a0289242_2131235.jpg

a0289242_2133670.jpg

a0289242_2194154.jpg

堀切峠===青島===
青島神社(あおしまじんじゃ)は、宮崎県宮崎市青島にある、青島のほぼ中央に鎮座する神社で、
周囲1.5kmの青島全島を境内地
参加者中で私と友人と二人だけ島を一周しました。ガイドさんは時間的に無理そうにいわれたけれどせっかくなので
歩き・・・小雨降る中 傘が風で飛ばされそうになりながら 遅れてはと走って・・・・集合時間に間に合い ホツ・・・
a0289242_21104512.jpg

a0289242_21112029.jpg

ホテルから見える灯台
a0289242_2111394.jpg

6月3日
ホテルの窓から昨日歩いた青島を左端に見えるかな?灯台が・・・
a0289242_2128139.jpg

桃源郷岬のアジサイは約1万8千株・今年は実に200万本!
細い山道離合が難しい道をくねくね登って頂上近くに駐車場があり その前に一面に広がるアジサイ群は
まさに圧巻! あまり見かけない鮮やかな赤色のアジサイなどもあり、遠くから見ると、色とりどりのアジサイ群はまるでバラ園のようにも見えます。
a0289242_21331411.jpg

a0289242_21291073.jpg

a0289242_21293944.jpg

a0289242_2130021.jpg

a0289242_2130248.jpg

そこから歩いて絶景場所へ
a0289242_2131313.jpg

a0289242_2131427.jpg

a0289242_2132385.jpg

a0289242_21322337.jpg

a0289242_21324674.jpg


==高千穂峡(真名井の滝)===関門大橋
高千穂峡は約12万年前と約9万年前の二回の阿蘇火山活動の際、噴出した溶岩流(火砕流)を五ヶ瀬川が浸食した侵食谷です。
上流の窓ノ瀬から下流の吐合間が中心で、1934年(昭和9年)11月10日 五ヶ瀬渓谷(ごかせがわきょうこく)として、
名勝及び天然記念物に指定され、一帯は昭和40年3月に祖母傾国定公園に指定されました。
柱状節理のそそりたつ断崖、岩をかむ激流、千古の謎を秘めた深淵、湧く岩清水、高千穂峡は四季を通じて雄大にして清々しい景観です。
説明通り雄大で雨上がり緑がきれいでした。

a0289242_21395414.jpg
a0289242_21402723.jpg

苔むした神橋 、神都高千穂大橋、高千穂大橋
a0289242_21512264.jpg

a0289242_21504547.jpg

a0289242_21573634.jpg

a0289242_21575166.jpg

a0289242_21404978.jpg

a0289242_2141563.jpg

a0289242_2234042.jpg

a0289242_2241883.jpg

a0289242_2216515.jpg

食事会場が古い茅葺のお家で. 高千穂名物の「蘇食定食」. “蘇る食”という意味の体にやさしい料理です ...粗食ではありませんでしたよ・・・ 
a0289242_21582095.jpg


良く寝る二人の旅 温泉に入って食事をしては寝てバスの中で寝てばかり ゆっくり休養の旅でした。
[PR]

by babakzk9292 | 2013-06-04 22:07 | お花 | Comments(6)
2013年 06月 04日

皿ケ嶺 標高1280m別名・亀ヶ城山、亀の峯山。 5月26日

皿ケ嶺登山コース

a0289242_10183161.jpg

野山を楽しむを抜粋してUP
福山駅北口7:30発ーーー西瀬戸尾道IC---来島海峡SA---川内ICーーー皿ケ嶺登山口10:15分

・・・・・・・・・・・・皿ケ嶺登山口15:30分ーーー川内ICーーー来島海峡SA---西瀬戸尾道IC---西瀬戸尾道IC---福山駅北口18:30分着

標高950mほどの登山口までマイクロバスで行くことが出来 そこから1150m付近の龍神平までを往復します。
道は良く整備されたゆるやかな登りで 北斜面であることから 適度な湿り気があり ブナやミズナラなどの
落葉樹生育しています。
 5月末ですが標高1000m以上のところをあるきます 風雨が強いときは 雨に濡れると体温が奪われますので 必ずしっかりとした雨具(上下セパレーツに分かれたもの)を用意してください。

サイコクサバノオの花が見たいけれど多分もう終わっているだろうから種だけでも見たいと思い参加する。
見ましたお花残ってました種もありました。写真はおピンボケです。
風穴
a0289242_20261440.jpg

ヒマラヤケシ
a0289242_2041579.jpg

ニシノタイミンガサ
a0289242_20304419.jpg

ナベワリ
a0289242_20385531.jpg

コクワガタ
a0289242_2034269.jpg

ハシリドコロの実
a0289242_20394954.jpg

コンロンソウ
a0289242_20413180.jpg

[PR]

by babakzk9292 | 2013-06-04 20:42 | NHK野山を楽しむ | Comments(2)