カテゴリ:ZiZiBaBa登山隊( 20 )


2015年 11月 05日

神庭の滝・星山(1030m)~~櫃ヶ山(954m)縦走

2015年11月8日(日)
天気予報が土日月と雨で10月5日に変更参加者も少し変更 仕事を無理してお休みして参加

8日AM6時7時福山発―――山陽道・中国道―――落合IC――――勝山

 ―――神庭の滝(紅葉を観賞)―――勝山美しい森東登山口(620m)

~~~前山(901m)~~~星山(1030m)~~~本当にZiZiBaBaなので登山は無いかも扇山(870m)~~

~~五輪山(946m)~~~櫃ヶ山(954m)~~~天狗の森(854m)

~~久納登山口(300m)―――湯原温泉―
―足温泉に変更―湯原IC―――米子道・

中国道・山陽道―――福山着PM5:00着 中華料理店でお疲れさん会


星山~櫃ヶ山縦走は、歩行時間5時間30分・6~7時間歩行距離11k・
 累積標高差950m・上級コース。山全体が紅葉・大山をはじめ中国
 山脈の山々が360度展望ができます。
※早朝5時55分までにK駐車場にお集まりください。
※途中コンビニにより、朝食タイムを取ります。
※下山後、湯原温泉・露天風呂に、(石鹸・シャンプー持参)入ります
※メンバーは、U・W・K・S・K先生NさんYさん・私・S隊長・隊長のお兄さん?
雨天中止の場合、6日(金)に連絡します。5日に変更AM7:00出発で
まずは神庭(かんば)の滝に向かって9時10分
a0289242_19470703.jpg
a0289242_19475651.jpg
a0289242_19483252.jpg
バスで来た観光客が先客でいました
a0289242_20263146.jpg
10時10分登山開始
a0289242_19500679.jpg
10時53分前山~星山へは左から右は近道です2人と3人に分かれて誰と誰かは想像にお任せして
a0289242_19521649.jpg
10時55分分岐からすぐにこれから登る星山の頂上が見えました
a0289242_20002254.jpg
今日は登らない櫃が山が遠くに見えます

a0289242_20030877.jpg
11時3分待ち合わせ場所に健脚2人がなかなか下りて来なくて心配 大きな声で名前を呼んで見る
道を間違ったのではと心配して隊長が迎えに少し登って行くと大きな声がして すぐ下り来てて合流
1本道で絶対間違わない道だったそうです 近道が早く着き過ぎただけだったようです
a0289242_20060107.jpg
ここからが急登に11時17分
a0289242_20094168.jpg
みんながどんどん登って行くのですがなかなか足が動かずYさんが付いて下さり
写真を撮りながらゆっくりと頂上まで頑張りました
11時32分
a0289242_20124853.jpg
11時33分やっと8合目ここからさらに急登
a0289242_20131775.jpg
11時35分
a0289242_20143065.jpg
11時47分やっと頂上へ(私は1時間37分かかりました)
a0289242_20153161.jpg

a0289242_20182068.jpg
星山から見える蒜山
a0289242_20190007.jpg
12時16分
a0289242_20205238.jpg
今日は行きません
a0289242_20313857.jpg
これから下山しますマユミの実がきれい
a0289242_20221153.jpg
a0289242_20212361.jpg
12時24分Yさん
a0289242_20233523.jpg
Yさんが立ってる場所からの風景 登りはこんな素敵な展望が出来る岩に気が付きませんでした
写真真ん中辺りに少し白く見えるところが登山開始したビジターセンターです
a0289242_20224821.jpg


13時15分帰って来ました
a0289242_20285041.jpg
帰って来ました13時18分
a0289242_20295754.jpg
今日は足(たる)温泉
皆さんお世話になりました
隊長さんありがとうございました




































[PR]

by babakzk9292 | 2015-11-05 20:35 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(3)
2015年 10月 21日

笠形山(939m) 



  
                兵庫県・播州高原
2013年3月26日の笠形山ですクリックして見てください

2015年10月21日(水) 今回も会社休んで参加

21日AM7:00福山発――――山陽道・福崎・県道34――――瀬加――

登山口・大鳥居(290m)~~~~笠形寺(372m)~~~~休み堂(510m)

~~~~笠形神社(636m)~~~~笠ノ丸(883m)~~~~笠形山(939m)

~~~~笠ノ丸(883m)~~~~鹿ガ原(810m)~~~~蓬莱岩(ほうらい)

(720m)~~~~仙人滝(530m)~~~~林道~~~~登山口――――――

かさがた温泉「せせらぎの湯」(入浴・食事)――――山陽姫路東IC――――

山陽道―――――福山着19:00予定


※早朝6:55分までにK駐車場にお集まりください。
※朝早いので途中コンビニに寄り、朝食タイム(白鳥PA)を取ります。
※下山後温泉に入り、夕食も予定しています。
※雨天中止の場合は、19日(月)までに連絡します。
※メンバーはF・W・Yの美女、K・N・S隊長の6名です。
※歩行時間4時間30分・累積標高差900m、初心者コースです?
ZiZiBaBa登山隊のお誘いがなく解散したのかと思ってた人もいたけれど隊長さんが海外旅行したり忙しくて
およびがなかったそうで 久しぶりに会って楽しい山登りになりました。いつもの気心のわかった友はやっぱいいいなぁ~
カメラを忘れてスマホで撮影  前に来た時よりも上の方に車を停めて
a0289242_20150408.jpg
熊が出た情報がそれもついこの前のようです
a0289242_20154590.jpg

a0289242_20161658.jpg
a0289242_20170118.jpg
健脚組は→を登って行き車を下山口まで回す二人は
ゆっくりお弁当を食べてと思ったのですがKさんの大きなバナナを貰い
Wさんに柿を貰って食べてお腹がいっぱい隊長が持って来た巻きずしを食べて
下山  ところが登るときよりも急なように思える下山登山道 転ばないように足に力を入れて
a0289242_20172487.jpg

2年前は元気でぐるっと1週ついて行けましたが 今回は少し登ってから先回りしてみんなを下山口までお出迎え
仙人滝コース登山口みんなはここに下りてきます。
a0289242_20261596.jpg
仙人滝まで下りて来たと電話がありゆっくりと迎えに歩いて行く
a0289242_20292471.jpg
仙人滝案内から下の砂防ダムを
a0289242_20295307.jpg
a0289242_20302428.jpg
ここで下山して来る健脚組の声が聞こえて来ました。
a0289242_20312380.jpg




a0289242_1241731.jpg


a0289242_10583499.jpg
久し振りに美味しい空気と少しだけれど登れて良かった
みなさんお世話になりました ありがとう
最後になりましたが隊長さんありがとう 又よろしくお願いいたします


[PR]

by babakzk9292 | 2015-10-21 20:36 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(0)
2015年 05月 28日

モネの庭 高知

モネの庭
a0289242_21000008.jpg
a0289242_20562124.jpg
a0289242_20584001.jpg
a0289242_21020044.jpg
a0289242_21024509.jpg
a0289242_21045030.jpg
バラも沢山あり少し遅かったが読売新聞大阪本社高知支局安芸通信部の方がから取材を受けもしかしたら記事になったかな??
a0289242_21074236.jpg
モネの愛したマーメイドと云うバラ無農薬で育てていると教えて貰う
a0289242_21112199.jpg
ラバテラ(フランスから頂いたお花だそうです)
a0289242_21205168.jpg
a0289242_21245871.jpg
a0289242_21241031.jpg
a0289242_21234853.jpg
a0289242_21254982.jpg

[PR]

by babakzk9292 | 2015-05-28 21:34 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(2)
2015年 03月 20日

女体山(774m)~~矢筈山(788m)~~大窪寺(420m)

女体山にょたいさん(774m)~~矢筈山やはずやま(788m)~~大窪寺(420m)     香川県  阿讃山脈

3月20日(金)AM7:00福山発―――瀬戸大橋―――大窪寺

 (第88番札所)~~境内~~林道出会~~女体山(774m)~~

 ~矢筈山(788m)~~~林道・四国のみち~~~~大窪寺―――

 塩江温泉―――讃岐うどんーーー瀬戸大橋―――福山着PМ7時



※早朝6時55分までに、K駐車場にお集まりください。
※途中与島で朝食タイムを取ります。
※いつものように、下山後、温泉・讃岐うどんを予定しています。
※メンバーは,ZiZi・BaBa登山隊ОBです。
※歩行時間は4時間、途中いつでもリタイヤ―できます

さぁーて 何処までついて行けるかな??
この地図の赤い四国の道を今日は歩きました。林道を歩いて展望台のある女体山には行きませんでした。
a0289242_14541055.jpg

大窪寺登山の安全をお願いして10時ここから出発
a0289242_21432096.jpg

ここから山道です
a0289242_21471474.jpg

ここで休憩Wさん手作りの吊るし柿を頂き(これがとっても美味しくて)
a0289242_21483445.jpg

a0289242_21495546.jpg

10時40分 4人が奥の院へ行き 2人は通過女体山へと進む
a0289242_21503794.jpg

どこまでも続く階段・・・最後まで階段が続きました。
a0289242_21542897.jpg

a0289242_21551676.jpg

a0289242_21564989.jpg

11時12分
a0289242_21573338.jpg

11時20分林道にでる
a0289242_21585312.jpg

a0289242_2203917.jpg

林道を渡って
a0289242_220165.jpg

a0289242_22239100.jpg

もうすぐ頂上
a0289242_2253319.jpg

11時29分女体山頂上
a0289242_2232451.jpg

ダンコウバイ??咲いていたのはこのお花だけでした
a0289242_22424887.jpg

頂上から急坂を下って
a0289242_2265539.jpg

林道を渡って矢筈山登山口
a0289242_2210684.jpg

ここを登って行く人 ここでお弁当を食べる人に分かれて
a0289242_22103939.jpg

12時46分大窪寺に少し登った後は下って下って階段が辛かった・
a0289242_2215355.jpg

塩江温泉に入ってうどんを食べて帰路に

17時58分瀬戸大橋を渡る車の中からの夕日 みなさんと一緒に登山が出来て
ご褒美にきれいな夕日を拝めて感謝感謝の一日でした。
a0289242_22205718.jpg

a0289242_22221971.jpg

a0289242_22224147.jpg

誘っていただきZiZiBaBaの隊長さん有難う ZiZiBaBa OBの皆さんもありがとう
久し振りの登山・・・登れて本当にうれしかった・・・
[PR]

by babakzk9292 | 2015-03-20 22:27 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(0)
2015年 02月 01日

飯野山 (讃岐富士)標高422m 1月31日 

●標高422mの飯野山(飯ノ山)は、坂出市、丸亀市、綾歌郡飯山町の2市1町に綺麗に等分された讃岐平野の中でもきわめて美しい均整のとれたやで、
この美しさに親しみを込めて讃岐富士とも呼ばれている。
飯野山(飯ノ山)には主要な3本の登山道があり、飯山町側の石段を直登するコース、坂出側の西又道、
そして一番歩きやすく歩行者の多い登山道が丸亀野外活動センターからの本コースである。とあり
今年初めてのピクニックに誘ってもらいました。

a0289242_1575822.jpg

a0289242_1528783.gif


BiBiBaBa登山隊OBが久しぶりに集まります

それで8時にK駐車場集合 行程表もなく集合時間 飯野山登山その後温泉 うどんを食べてと聞いて
ハーイ参加しました。
最初に着いたのが王子神社のある飯山町ルートの駐車場でしたがからここからは階段が続くので
飯野町ルートから登るように車で移動登山口に近い場所に駐車
ここを10時15分出発
a0289242_11484714.jpg

この階段を登ると
a0289242_11494789.jpg

登山口が
a0289242_11503270.jpg

3合目で急登組と別行動に
a0289242_11515787.jpg

見晴らしのいい場所に
a0289242_11534054.jpg


a0289242_11561554.jpg

10時42分4合目
a0289242_1157775.jpg

6合目ここで地元の方とお話を 登る人や下山の人達が軽装でお散歩のよう高齢の方々や
家族連れや 地元の人に愛されてる山だとわかります。
a0289242_1203755.jpg

a0289242_122129.jpg

8合目11時13分最初に寄った登山口から登るとここで合流
a0289242_1252278.jpg
a0289242_1255973.jpg

9合目
a0289242_1285855.jpg

a0289242_1293759.jpg

a0289242_1210725.jpg


a0289242_12131310.jpg

a0289242_12155099.jpg


a0289242_12134976.jpg

a0289242_12142064.jpg

a0289242_1215549.jpg


a0289242_12183561.jpg

a0289242_12184516.jpg

13時に下山してうどんを食べに移動大勢の人が並んでいましたが待つことに・・・
並んだだけのことがありました 美味しいうどんを頂いて今日は温泉に入らず帰りました。
明るいうちに早く福山に帰り みなさんありがとう お世話になりました
今年初めてのピクニック本当に楽しかった!!
[PR]

by babakzk9292 | 2015-02-01 12:25 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(1)
2014年 11月 03日

東北旅行Ⅱ

10月30日
30日(木)八幡平登山(黒谷地・・・熊ノ泉・・山頂1613m・・・八幡平頂上P---3時間30分累計標高差600m

a0289242_153422.gif

八幡平アスピーテラインが通行止めで津軽こけし館や隣の津軽伝承工芸館を見学
a0289242_2228308.jpg

a0289242_2229589.jpg

a0289242_22293594.jpg

12時にアスピーテラインが開通の連絡が入り予定通り雪の中を5人が歩かれました。
準備中
a0289242_22303136.jpg

いざ出発12時36分
a0289242_22312815.jpg

a0289242_22334231.jpg

Tさんの写真私が行かれなかった場所うらやましいで~す
a0289242_9265133.jpg

a0289242_9272532.jpg

a0289242_9281295.jpg

車で八幡平駐車場へ
a0289242_22372341.jpg

秋田・岩手県境 秋田と岩手をひとまたぎ・・・
a0289242_22412034.jpg

八幡平展望台から岩木山を
a0289242_2242158.jpg

a0289242_22434985.jpg

a0289242_22444352.jpg

a0289242_22451874.jpg

a0289242_22462246.jpg


バスツアーの方たちその装備で登るの?
a0289242_19133637.jpg

登山口の雪の多さに…引き返すが・・
みんなが下りてくるのを迎えに少し登ってみよう・・・15時30分頃
a0289242_19193973.jpg

a0289242_19215794.jpg

a0289242_19234620.jpg

a0289242_19173440.jpg

入口の雪を超えると 石畳が見えて歩きやすくなったのでもう少し登る
a0289242_1926275.jpg

振り返って
a0289242_19293966.jpg

もう少し・・隊長に黙って来たし電話をしたら通じなかったからここまでで引き返す
a0289242_19314754.jpg

a0289242_19341266.jpg


乳頭温泉郷・黒湯温泉ここの離れ(別荘)に
ご高齢の方は少し離れているのでと云われ いえみんな登山をする仲間ですから足腰は大丈夫です。
それなら大丈夫です。???本当に大丈夫かな???
それにしても本館から遠かった。
a0289242_1937446.jpg

a0289242_19403592.jpg

a0289242_19435729.jpg


a0289242_19454982.jpg


31日(金)秋田栗駒ケ岳(八合目小屋・・・男岳・・・横岳・・・横長根・・・国見温泉 5時間30分 累計標高差1000m

栗駒山(くりこまやま)は、山体が宮城県、秋田県、岩手県の三県にまたがる山である。山頂部は宮城県と岩手県の境界になっており、二百名山の一つでもある。

a0289242_1601357.gif


秋田栗駒登山道に向かう前に鶴の湯温泉に立ち寄る 時代劇に出て来るような景色です
a0289242_1954679.jpg

a0289242_19545264.jpg

a0289242_19575257.jpg

a0289242_19583398.jpg

a0289242_19593926.jpg

またまた登山道通行止 残念登れません
a0289242_2004615.jpg


栗駒ブログ


栗駒山天気

やむなく下山予定の国見温泉にある登山口へ
温泉に入る人 少しだけ秋田駒ケ岳を散策する人に分かれて 私は温泉に入ってカラスの行水の後駒ケ岳へ あぁあ~忙しい 
ゆっくり考えたら少し歩いてから 温泉の方が良かったかな?
a0289242_2092040.jpg

a0289242_2095020.jpg

a0289242_20104441.jpg


ふしちょうえん 布糸灯園
布糸灯園でも夕食に出されたミズ人生で初めて口にした食べ物美味しかった
こちらでもあるのではないかと思います。
きをつけて散策途中で見つけ自分で作って見たいと思います。
素敵な宿でした 美味しいおそばに素敵なオーナーありがとうございました。
前日も遅かったと伺っていたのに 夜遅くまでサオリ織を教えていただき 仕上がったマフラーを洗濯・アイロンまで
翌朝は早い朝食を作っていただきほとんで休まれていないのでは ご迷惑をおかけいたしました。

岩手山近くなので朝日を見に出かけましたが 日の出は上手く撮れませんでした
a0289242_20274749.jpg

宮沢賢治の歌碑
a0289242_20283082.jpg

岩手山
いただきにして
ましろなる
そらに火花の涌き散れるかも
         宮沢賢治
碑について
 この歌は、賢治が盛岡高等農林学校3年の夏、学友の 保阪 嘉内 といっしょに泊りがけで、岩手山に登った時に詠んだものです。

 賢治にとっては生涯で最高にして最後の親友と言うべき存在だった嘉内との交友において、1917年7月というこの時期は、ひとつのクライマックスにあたっていたようです。
 7月1日に、賢治や嘉内が中心になって、文芸同人誌『アザリア』が創刊され、同月7日には同人の仲間でその「合評会」を開き、夜遅くまで大いに文学論をたたかわせました。この後、まだ興奮さめやらぬ若者たちは、深夜に盛岡から雫石まで20km近くを歩きとお保阪嘉内(左)と宮澤賢治(右)すという「馬鹿旅行(嘉内の表現)」をやってのけます。この時の模様は、賢治の短編「秋田街道」に記録されていますが、そこには、 まさにかけがえのない友情をかちえた賢治の喜びが、高揚する行間にあふれていま す。

 さらに賢治と嘉内は、この徒歩旅行の一週間後の7月14日~15日に、おたがいの友情を重ねて確かめるかのように、二人で岩手山に登ります。
 この時の思い出は、賢治にとっても嘉内にとっても忘れられないものとなったようで、二人ともたくさんの短歌にして残しています。その後、二人が離れて暮らすようになっても、 賢治は嘉内あての手紙のなかで、この岩手山の夜のことを、何度も何度も愛惜するように回想して書き送っていました。

 しかし、いかなる運命のいたずらと言うべきか、紆余曲折を経た二人は、深い友情を心の底に秘めつつも、おたがいに苦い思いをかみしめて、結局は別々の道を歩むことになります。ある時期から二人は、手紙のやりとりさえしなくなるのです。
 そして二人は、それぞれ相手の様子は知らずに死にました。


 輝かしい青春の日に二人が立った岩手山の頂上で、夜明けの白い空に湧き散っていたという「火花」とは、いったいどんな現象だったのでしょうか。 この時、どんな景色を二人は見たのでしょうか。
                                       石碑の部屋 - 宮澤賢治の詩の世界から転記

岩手山
a0289242_20294973.jpg

Tさんの写真です
a0289242_9304318.jpg

11月1日(土) 仙台港発12時50分~~~~~太平洋フェリー

11月2日(日) 名古屋港着10時30分―――御在所登山(三重3時間)==新名神=山陽道==福山着夕方
御在所山(三重県)ロープウェー+リフトで頂上へこれも登山だそうです。
残念でした お天気が悪く  御在所山へは行かずに高速で真っすく福山へ ここなら いつか又来る事が出来るでしょう・・きっと
a0289242_983495.jpg

a0289242_9112919.jpg



a0289242_1702851.gif

[PR]

by babakzk9292 | 2014-11-03 20:34 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(2)
2014年 11月 02日

岩木山・八甲田山・八幡平・百名山・東北旅行

a0289242_16574813.gif


10月27日(月)~~11月2日(日)

27日(月)福山発4時==(400K)==敦賀港10時出航~~~新日本海フェリーしらかば号

   船宿(個室)泊(20時間)~~28日(火)5時50分秋田港着

28日(火)秋田5時50分発ー――弘前岩木山登山3時間・・・岩木山山頂(3時間)

   登山口14時――――八甲田山・谷地(やじ)温泉宿泊

a0289242_9435323.gif


私は津軽・岩木スカイライン~と思っていましたが残念通行止め 全員登ることはできませんでした。
a0289242_9544732.gif

a0289242_20243620.jpg

a0289242_2025971.jpg

岩木神社にお参り
a0289242_2030865.jpg

神社横登山道 ここからも登れるようですが天気も悪く時間も足りません又の機会に??
a0289242_2031165.jpg

雪道で通行止めがあったりして遠回りしながらゆっくりと谷地(やじ)温泉へ
宿に入り温泉につかるともう外には寒くて出られません
29日朝 谷地温泉出発前に車の雪かき ひと汗かきました (私一人でしたわけではありません)
a0289242_2194172.jpg

a0289242_20373120.jpg
 
a0289242_2038822.jpg

a0289242_7261534.jpg

9時にこのゲートが開きます それまで待って
a0289242_20474867.jpg

a0289242_21105143.jpg

29日(水)八甲田山登山 ロープウエー~~山頂公園・・・大岳山頂・・・・酸ヶ湯温泉5時間30分
累計標高差1100m
ここも残念ながらロープウエーが運休中で動くまで
a0289242_21135631.jpg

a0289242_19173333.gif

雪中行軍遭難記念像がある場所に
a0289242_21185969.jpg

a0289242_21192916.jpg

a0289242_21203348.jpg

Tさんの写真 このくらい顔が小さければ誰かわからないでしょう・・・
a0289242_9345142.jpg

a0289242_21223068.jpg

八甲田山雪中行軍遭難資料館
a0289242_21281880.jpg

八甲田山ロープウェーが動きだしたと情報を得て乗り場へ
ロープウェーから
a0289242_21371150.jpg

a0289242_21422388.jpg

a0289242_2138148.jpg

山頂駅から散策に
a0289242_21405335.jpg

a0289242_21463468.jpg

a0289242_21473581.jpg

a0289242_21482026.jpg

a0289242_2149298.jpg


a0289242_2211655.jpg

a0289242_2213519.jpg

a0289242_2215590.jpg

a0289242_2222256.jpg

a0289242_2223664.jpg

a0289242_2225170.jpg

今夜の宿は酸ケ湯温泉に14時52分着
a0289242_2210865.jpg

a0289242_22111442.jpg

紅葉旅行が雪見???
[PR]

by babakzk9292 | 2014-11-02 22:14 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(2)
2014年 05月 22日

高越山(こおつさん) 1122m △1(高越山)

高越山(こうつざん・1122m)& 船窪つつじ公園

徳島県山川町 2014年5月22日(木)徳島県吉野川市 

22日AM6:00福山発―――瀬戸大橋・R193―――表参道登山口(100m)~~

 ~~一の鳥居~~~穀谷観音堂~~~中ノ郷・中前寺(580m)~~~女人堂

 ~~~高越寺(1090m)~~~高越山(1122m)~~~奥野井コース~~~

 高越山駐車場(900m)―――船窪つつじ公園――――ふいご温泉――――

 阿波和紙伝統会館――――讃岐うどんーーーー福山着PM8:00予定


※早朝5時55分までにK駐車場にお集まりください。
※途中コンビニに寄り、朝食タイム(与島)を取ります。
※下山後、つつじ公園・温泉(着替えの用意)・和紙会館・うどんに寄ります
※船窪つつじ公園は標高1060m・面積3haにオンツツジを中心に1200株
 国の天然記念物に指定され、5月22日が満開の予定。
※1300年の歴史を持つ阿波和紙は朝廷に仕えていたそうです。
※A隊は表参道登山口から、B隊は奥野井登山口から登ります。
※メンバーはU・さん私・Kさん・Tさん・Yさん・Mさん・S隊長の7名です。
※平均年齢70歳、のんびりと歩いてツツジの観賞・温泉・讃岐うどんなど
 1日楽しみましょう。
※雨天中止の場合、順延の予定で20日(火)までに連絡します 

☆勿論B隊で宜しくと返事をいたしました。 

A隊右上高越寺登山口から登りB隊左下高越寺駐車場から登り頂上で合流                 
a0289242_1146102.jpg

  ↑  の覗き岩のTさんの写真
a0289242_10142721.jpg

a0289242_12463696.jpg

秀麗な山姿から「阿波富士」とも言われ、地元では親しみを込めて「おこおっつあん」と呼ばれています。
頂上手前には、役行者小角が七世紀に開基した高越寺があり、周辺は修験道の行場としても有名です。弘法大師(空海)も801年二十八歳の時にここで修行したと伝えられています。女人禁制が解かれた今も、8月18日の十八山会式だけは女人禁制で紫燈大護摩が開かれています。と書かれていました。
神社裏手すぐの所が一等三角点があると帰ってから知り気が付かなく残念!!
さすがTさん三角点の写真を撮られてました
a0289242_1081828.jpg

登山口まで一緒に9時10分A隊健脚3名は表参道 この道を登っていきます。 
a0289242_20164961.jpg

Tさんの写真UP
a0289242_1023137.jpg

われわれB隊4名は車で船窪つつじ公園をめざして移動
途中で電車とこれから登る高越山 9時44分
a0289242_20312815.jpg

オンツツジ満開で駐車場もいっぱいですが登山をすると云うと通してくれて一番上のPまで
そこからA隊と合流する高越山までここから登山開始11時21分
a0289242_20272530.jpg

11時39分
a0289242_20321649.jpg

11時44分
a0289242_20325162.jpg

11時49分高越寺へ到着A隊に電話を もう2.2kmくらいだと返事があり高越山まで先に行くことに
a0289242_20332761.jpg

a0289242_20485929.jpg

この階段を登って11時54分
a0289242_204434100.jpg

弘法大師の北(高野山の方角か)に向かっている銅像の前でお弁当を食べているとA隊が3時間で登って来ました。
a0289242_20143811.jpg

Tさんの写真
a0289242_1055074.jpg

全員で奥の院へ
a0289242_2051910.jpg

a0289242_20512950.jpg

下って来た道とは別ルートで高越寺に戻りました
a0289242_20533638.jpg

下山終了13時32分
a0289242_2056535.jpg

a0289242_20565865.jpg

Tさんの写真これからオンツツジを見に行きます
a0289242_10115360.jpg


1985年(昭和60年)に「船窪のオンツツジ群落」として、国の天然記念物に指定されています。
オンツツジは葉芽が花と同時に開くため、緑の若葉と赤い花とのコントラストが素晴らしく、
また葉や花が他種に比べて大きいのが特徴です
葉は5~8cm卵円状で、枝先に3個輪生状につきます。
a0289242_20595427.jpg

 写真左下の   ↑  おばあちゃん私たちがツツジの周りを一周して帰ってきたら『ここは広いんでしょうか?
家族がなかなか帰って来なくて』と心細そうに・・・「一周してたら時間がかかりますよ」と教えてあげました。
a0289242_2110064.jpg

a0289242_2112613.jpg

a0289242_2123413.jpg
a0289242_2131679.jpg
a0289242_2134045.jpg
a0289242_2141531.jpg
a0289242_2144069.jpg
a0289242_215276.jpg

オンツツジのしたにホウチャクソウ
a0289242_2155347.jpg
a0289242_216953.jpg

a0289242_2163917.jpg

a0289242_2116260.jpg

a0289242_2116448.jpg

位置】・・・・・徳島県吉野川市山川町奥野井387-1(通称・船窪)
【標高】・・・・・1,060m
【面積】・・・・・東西・約500m  南北・約60m  (約3ha)
[PR]

by babakzk9292 | 2014-05-22 21:16 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(6)
2014年 05月 03日

開聞岳[かいもんだけ](922m)・韓国岳 [からくにだけ](1700m)・鹿児島の旅

5月の連休予定が真っ白です 何処か行きませんかとメールしたら早速次の行程表が返信できました。
隊長さんすごーい 

開聞岳(922m)・韓国岳(1700m)・鹿児島の旅

2014年4月30日~5月2日


30日(水)AM6:00福山発―――山陽道・九州道・鹿児島 知覧特攻・武家屋敷―――池田湖―――指宿温泉・休暇村
 指宿 ℡0993-22-3211


5月1日7:00発―――山麓自然公園登山口~~~100分~~~開聞岳~~70分~~登山口――えびの高原ドライブ
 霧島神社―ー国民宿舎えびの高原荘 ℡0984-33-0161


2日7:00発登山口~~~標高差500m・往復3時間~~~韓国岳往復12時発―――九州道・山陽道・600K・8時間
 ―――福山着午後9時予定


※4月30日(水)早朝5時55分までにK駐車場に
※指宿温泉まで700K・10時間、観光しながら走ります。
※帰りは韓国岳下山、入浴、昼食後午後1時ごろ出発します
※メンバーはUさん・私・Yさん・Hさん・Kさん・Mさん・隊長。BaBa4人ZiZi3人

a0289242_1625585.jpg

a0289242_16254558.jpg

a0289242_1626978.jpg

a0289242_1627866.jpg

a0289242_1628174.jpg

a0289242_16283925.jpg



a0289242_1145659.gif


開聞岳(922m

 4時間~6時間を要します。(平均5時間30分)
 登り…約3時間  下り…約2時間半
老人登り3時間 下り3時間と書いてあります
9時19分ここから登山開始
a0289242_16331640.jpg

2.5合目9時42分
ベンチ等あります。ここで小休止 名古屋から来た人と地元の人3人組と出会い空也の最中を・・・
a0289242_16351416.jpg

a0289242_16403798.jpg

9時55分
a0289242_16391075.jpg

10時14分
a0289242_16404185.jpg

5合目10時41分
ベンチ等あります。ここで小休止。
池田湖・桜島・長崎鼻・佐多岬を望むことが出来るそうですが??
a0289242_16542259.jpg

a0289242_1643364.jpg

a0289242_16424429.jpg

a0289242_16443692.jpg

a0289242_1645371.jpg

11時53分7.1合目
a0289242_1653108.jpg

12時8分
a0289242_16572275.jpg

12時11分8合目
a0289242_1658339.jpg

a0289242_1705094.jpg

Yさん頑張って この後独りで9合目まで登り そこでA隊と合流あと少しでしたが一緒に下山されました
a0289242_1711896.jpg

ここから二人下山12時33分
a0289242_173248.jpg

12時47分
a0289242_1734719.jpg

13時14分登りに時にこの案内板を見落としました
a0289242_1743523.jpg

14時55分
a0289242_175113.jpg

14時56分帰って来ました ここで残り5人を待ちました
a0289242_1755268.jpg


4時間で下山してこられた元気のいい私より3歳若い彼女が明日韓国岳に行くと話したら
階段がおおくてここより大変だと教えられる
(それで覚悟決めて頑張ったら韓国岳 思ったよりも楽に登れました 有難う)
韓国岳5月3日
標高1,700mを誇る霧島火山の最高峰で、直径900m、深さ300mに達する大きな火口を持っています。
えびの高原からは臼のようにどっしり構えた巨大な山容が眺められ、爆裂火山の崩れ落ちた岩壁が荒々しい山です。
山頂からの眺望にすぐれ、韓の国(朝鮮半島)まで見渡せるほど高い山ということで、その山名がついたといわれています。
山腹はモミ、ツガ、アカマツなどの天然林、それより上部はヤシャブシ、ノリウツギ、ミヤマキリシマなどの低木に覆われています。
また、火口壁では、初夏ひかげつつじを見る事ができます。観光案内に書いてあります。
6時40分国民宿舎えびの高原荘 出発準備をして7時から朝食です
a0289242_21162530.jpg

8時12分登山準備
a0289242_1715973.jpg

この案内図の現在地から韓国岳からピストンの予定を変更大浪池の方に下りてノカイドウと書いてある★印を付けた場所に下りました。
その後★からえびのエコミュージアムセンターや足湯や駐車場ある所まで歩き駐車場から韓国岳登山口赤い〇印まで
ヒッチハイクをすることになろうとは思っても見ない展開になりました。
a0289242_11143811.jpg

8時23分
a0289242_17164876.jpg

昨日泊った国民宿舎えびの高原荘の赤い屋根が見えます。
a0289242_17171830.jpg

8時26分硫黄山分岐
a0289242_17212228.jpg

a0289242_17233270.jpg

a0289242_181653.jpg

8時33分
a0289242_17241242.jpg

8時38分
a0289242_17344290.jpg

8時48分
a0289242_17353041.jpg

9時2分
a0289242_1737336.jpg

9時14分
a0289242_1741323.jpg

9時27分
a0289242_1742644.jpg

9時40分
a0289242_17423924.jpg

9時48分7合目
a0289242_17443413.jpg

10時00分
a0289242_17452288.jpg

10時11分
a0289242_20542059.jpg

a0289242_2115167.jpg

10時15分
a0289242_1746044.jpg

10時17分
a0289242_17473616.jpg

a0289242_2182378.jpg

a0289242_2185548.jpg

10時25分
a0289242_17484584.jpg

a0289242_17492443.jpg

a0289242_1749559.jpg

中央のUさん5月2日今日がお誕生日です おめでとう 右端のKさんも4月がお誕生日だそうです おめでとうございます。
a0289242_20454091.jpg

10時35分
a0289242_17503637.jpg

10時40分下山
a0289242_17543237.jpg

a0289242_1755117.jpg

10時45分
a0289242_17553412.jpg

a0289242_2110344.jpg

10時55分
a0289242_17555711.jpg

a0289242_17564179.jpg

11時11分
a0289242_17571635.jpg

a0289242_20581482.jpg

11時17分
a0289242_17573422.jpg

11時28分
a0289242_17581895.jpg

11時30分
a0289242_17595469.jpg

a0289242_21121859.jpg

a0289242_2112533.jpg

11時48分
a0289242_1748350.jpg


11時57分
a0289242_1872142.jpg

a0289242_1812143.jpg

12時11分
a0289242_188433.jpg

a0289242_189817.jpg


a0289242_1810921.jpg

ここら辺りで車を回さなければちょっぴり遠いからと云われ私とHさんと二人で小走りに
登山道のはっきりしない道をピンクテープをたよに急いで下山
12時29分
a0289242_18104464.jpg

12時39分
a0289242_18112361.jpg

12時46分車道にでました。
a0289242_18124142.jpg

さてここから車まで歩くと相当の時間がかかるからタクシーを拾うか ヒッチハイクしかないとHさんに云うと
タクシーはともかくヒッチハイクは気が向かない様子でしたが10分ほど歩きえびの高原駐車場辺りまで行くと
車までが遠いとHさんも分かり駐車場から出て来た車に思い切り手を振って停まった車の中に優しそうなご夫婦に
韓国岳登山口前の私たちの車まで乗せてくださいとお願いをしました。
宮崎ナンバーのご夫妻が気持ちよく乗せてくださり 感謝感謝
気のいいHさん車が見えるとここでいいです・・・私 すいません車の所までお願いいたします。
車の前に丁度空きスペースがありそこに停めていただきお礼を云って 車が見えなくなるまで手を振って見送りました。
本当にありがとうございました。
車を方向転換して運転はHさん もしかしてPの前の登山口まで帰ってきたかもと思い車を停めて待っていると
携帯電話が鳴り 下りて来たよ~ すぐ行きます 私たちが下りて来たところと同じ場所に・・・みんながびっくりする早業でした。
あの優しいご夫妻に出会えなかったらこんなにうまくいきませんでした。
誰だ この坂道を か弱い女二人に車をとりに行かせたのは???優しいご夫妻に出会えなかったら帰りが
もっともっと遅くなっていましたよう~ Hさんこんなに歩くはずだったんですよ~
a0289242_192143.jpg


色々楽しい事がありました 笑いの絶えない珍道中を皆さん有難うございました。感謝
[PR]

by babakzk9292 | 2014-05-03 19:07 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(4)
2014年 04月 08日

右田ガ岳(426m) 山口県防府市

右田ガ岳(426m)
       2014年4月8日(火)        山口県防府市

4月8日(火)AМ5:00福山発――――山陽道――――防府東IC

 右田小学校前駐車場(0m)~~~天徳寺(5m)~~~観音堂(80m)

 ~~~前岳(194m)~~~右田ガ岳城跡南の峰~~~右田ガ岳~

 ~~~北の峰(391m)~~~塚跡(380m)~~~権現石祠(195m)

 ~~~石仏(15m)~~~小学校前――――防府天満宮・毛利邸散策

――――江泊温泉‣和の湯――――山陽道――――福山着PМ8時予定

※早朝4時55分までにK駐車場にお集まりください。
※途中コンビニにより朝食タイムを取ります。
※下山後、江泊温泉に入りますので着替えの用意してください。
※時間がありましたら、防府天満宮・毛利邸を散策の予定。
※歩行時間3時間45分・歩行距離5.5K・累積標高差450m
※メンバーは、Uさん・私・Hさん・Yさん・Yさん・S隊長の7名
※天候が悪い場合は、順延の予定です。
 
防府市観光協会から
右田ヶ岳の山頂にある。頂上は東、中、西の三峰に分れ、西峰が本丸跡、その東下に二の丸跡がある。
至る所ところに奇巌(きがん)が起伏して険阻(けんそ)この上なく、敵の進攻を防ぐ天然の要塞である。
大内氏の一族右田氏が鎌倉末から城を構え大内氏滅亡まで宗家を守っていた城跡である。
 毛利氏が防長平定のため軍を進めたとき、大内義長は高嶺城(こうみねじょう)を築き、
毛利元就と一戦すべしと右田ヶ岳城に右田隆量(たかかず)父子、野田長房を置いて守らせたが、
弘治3年(1557)元就が若山城に移陣し隆量父子を味方に説得したところ、求めに応じて右田ヶ岳城の
守備を撤して進んで氷上(ひかみ)の砦を取り毛利を助けた。
 永禄12年(1569)大内輝弘が背いて山口に侵入のとき、元就は南方就正を城番としてこれに備え城兵が出て要撃した。
今は右田ヶ岳城跡は右田ヶ岳とともにハイキングコース、ロッククライミング訓練場として若者の胸をおどらせている。

さあてどのコースを歩くのかな???
小学校運動場前に登山者用の駐車場が用意されてしかも小学校の施設トイレを自由に使えて 本当に感謝です ありがとうございました。
a0289242_20381385.jpg

a0289242_20384264.jpg

8時30分登山開始 天徳寺コースを登りました。前岳(石船山)が見えてます。
a0289242_20391485.jpg

8時46分暑くなってきたので上着を脱ぐ  ↑ 上の写真の右の方に小さく映っている灯篭の所まできました。
上りの新幹線が写っています 見えますか?
a0289242_2040032.jpg

磨崖仏があちこちにたくさんありましたが急登で登るのが一生懸命で・・・・
a0289242_2040528.jpg

a0289242_20411247.jpg

9時13分
a0289242_20413945.jpg

9時16分
a0289242_2042634.jpg

隊長本日体調が悪くゆっくりなので私にとっては絶好調
a0289242_21151758.jpg

石船山(前岳)
a0289242_21598.jpg

9時40分
a0289242_2042373.jpg

a0289242_2114108.jpg

9時58分
a0289242_2047383.jpg

10時23分
a0289242_20473418.jpg

10時35分
a0289242_20481091.jpg

10時43分頂上
a0289242_20502119.jpg

a0289242_21183418.jpg

11時26分下山開始左右の道さぁてどっちに行こうか右へ行くと急な坂道危ないから左のなだらかな道へ
a0289242_20512157.jpg

a0289242_205408.jpg

11時35分
a0289242_20543854.jpg

11時48分
a0289242_20551017.jpg

11時51分
a0289242_20553912.jpg

a0289242_2056371.jpg

a0289242_20562554.jpg

12時3分休憩
a0289242_2057381.jpg

12時24分コバノミツバツツジのトンネル
a0289242_20573643.jpg

a0289242_20592643.jpg

a0289242_20595537.jpg

塔の岡墓地まで下りて来ました。
a0289242_2115054.jpg

登って下りて来た山
a0289242_2122622.jpg


Hさんの希望で右田ケ岳に来ましたが大勢の登山客にであい地元の方が愛されてる良い山だった
下から見上げて良い山だったな~とみんなで話しながら車まで歩きました。
今回も又みなさんのお陰で登れた山です 感謝
[PR]

by babakzk9292 | 2014-04-08 21:11 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(5)