<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

霧ヶ峰・北八ケ岳の植物を楽しむ7/27~29

7/27日(土)福山駅北口7:00出発ーー(バス)--福山東IC--多賀SA10:30(弁当積込)--諏訪ーー

霧ヶ峰車山高原VVV(車山展望リフトVVV車山山頂(標高1925m)ーー白樺湖池の平ホテル
予定変更で富士見台へ
ツリガネニンジン
a0289242_22516100.jpg

ノハナショウブ
a0289242_2253141.jpg

バアソブ
a0289242_2265112.jpg

ニッコウキスゲ
a0289242_2272728.jpg

a0289242_2274765.jpg

雨が降り出して 大急ぎでバスへ白樺湖池の平ホテルに向かう


7月28日予定変更車山へリフトで・・・
a0289242_2152035.jpg

a0289242_15134750.gif

a0289242_2156165.jpg

霧ヶ峰の最高峰、標高1925mの車山の山頂からは、見渡す限りの大自然・360度のパノラマが広がっています。
八ヶ岳連峰、南・中央・北アルプス、富士山など名だたる山々を見渡すことができました。
また、山頂には気象レーダー観測所があり、長野県を中心とする広い範囲の気象を観測しています。
a0289242_22212049.jpg

a0289242_21563647.jpg


a0289242_22225053.jpg

a0289242_22251425.jpg

a0289242_22274968.jpg

a0289242_22281589.jpg

帰りはビーナスラインの通っている所まで歩来ました。遠くの景色を見ながら
車山 ニッコーキスゲがきれいでした。
ここからバスに乗り八島ケ湿原へ
a0289242_22392394.jpg
a0289242_22402447.jpg


a0289242_2241193.jpg

ヤナギラン
a0289242_22421283.jpg

a0289242_22545885.jpg

ヤマオダマキ
a0289242_22553442.jpg

コウリンカ
a0289242_230176.jpg

バアソブ
a0289242_233335.jpg

a0289242_2365528.jpg

7月28日(日)白樺湖池の平ホテル8:00出発ーーー蓼科高原VVV(北八ケ岳ロープウェイ)VVV坪庭・・・(徒歩)・・・
予定変更28日午後坪庭へ
坪庭という名の由来は溶岩で出来た自然の景観がまるで人工的に作った坪庭のようだからでしょうか。
岩陰は苔むしていたり、高山植物が可憐に咲いています。
遊歩道一周1000m 所要時間40~50分
標高が高いので風も強く夏でもヒンヤリしています。上着をお忘れなく。だそうです。
昨日は雷がなり大粒の雨と雹も降ったとか お天気でよかった!!
a0289242_16112429.jpg

a0289242_2236535.jpg


a0289242_2372717.jpg


a0289242_2374969.jpg

縞枯れ
a0289242_2321432.jpg
a0289242_23212544.jpg
a0289242_23215311.jpg

a0289242_23471464.jpg

a0289242_23234234.jpg
a0289242_23235775.jpg

コイワカガミのピカピカの葉がたくさんあり お花がが咲いていたら綺麗だろうなぁ~と思いながら
グンバイズル 初めて見ました。 分布地域  本州(中部地方)に咲くそうです。
a0289242_21485068.jpg

タテヤマウツボグサ
a0289242_23281312.jpg

テガタチドリ
a0289242_2329212.jpg
a0289242_23292382.jpg
 
ーー麦草峠・・・白駒荘
a0289242_23333169.jpg


a0289242_23341575.jpg

a0289242_23344182.jpg
a0289242_2335284.jpg


7月29日(月)白駒荘8:00発・・・(徒歩)・・・白駒池周辺・・・・・麦草峠ーーーー諏訪IC---福山東ーーー福山駅北口20:30着予定
a0289242_10335426.gif

2013/7/28日白駒荘前
a0289242_23323065.jpg

白駒荘前でタケシマランの赤い実
a0289242_2326578.jpg

コバイケイソウ
a0289242_23313751.jpg

☆白駒荘をみんなは雨の中散歩に出かけましたが 雨だと歩きたくない私は美味しいコーヒーをゆっくり飲みたかったので行きませんでした。 
するとK先生が体温計を持って女性なので僕が行くわけにいかないからRさんに計って来て欲しいと頼まれて
いて そこで風邪気味で体調の悪いUさんが残っておられる事を知りました。
熱もありRさんがタオルを冷やして持って行かれ リュックは皆で持つと云っても自分で持つと言われてと・・・
Uさんは熱がありリュックを背負ってバス待ち合わせ場所までは歩けないと思いIさん(男性)にお願いしてリュックを背負ってもらう手配をし
自分でリュックも荷物も持って歩くというUさんを あなたを背負っては歩けないけども 荷物は手分けして持てるから
今は遠慮してはいけない・・・気を使う方が かえってみんなに迷惑をかけるからと厳しく云い 荷物を預かる。
そんな事をしてる間に散歩組が帰って来て Uさんが寝ていた布団をKさんが片づけしをしてくれてバスまでみんなで移動です。
体調の悪いUさんを一番前へ先生の傍へお願いして…出発
映画”もののけ姫”に出てきそうな風景の中を15分ほど歩いて約束の場所に・・・
ところがR-299メルヘン街道白駒池駐車場前でバス待ち合わせ場所ですが バスがいないし やって来ない・・・
携帯は通じず連絡も取れず・・・待つ事1時間以上 雨の中気温15度・・・
白駒池駐車場にトイレとお土産屋がありそこで買い物をしたりして時間をつぶす
雨宿りする所があって不幸中の幸いでした。先生が歩いてバスの居る場所まで行かれバスと一緒に帰って来られて・・・
そんなこんなで予定を大はばに変更野草園へは行かずにお風呂に入ってそれから昼食場所に美味しい釜飯をみんなが食べてるのに
美味しい山菜ソバを食べて腹ごしらえ・・・あとは福山に向かって ひたすら帰るだけです。
いろんなハプニングがありましたがみんな怪我もなく帰れてよかった。
Uさんも福山に帰る頃にお礼を言われた時に手を握ったら熱も下がったようで元気そうになられて本当に良かった。
先生・皆さん今回も楽しい旅をありがとう 初めて見た花もあり楽しい旅になりました。感謝
[PR]

by babakzk9292 | 2013-07-30 22:25 | NHK野山を楽しむ | Comments(4)
2013年 07月 16日

酒田市7月10日

7月10日
九兵衛(くへえ)旅館
朝食後美味しいコーヒーをロビーでいただき お庭を散歩
ミゾカクシ(別名、アゼムシロやアゼカクシ)を見つける。
a0289242_13251199.jpg


酒田市さぁ~てどのコースを巡るかな??
9時30分発のバスで鶴岡駅へ出る予定ですぐ傍のバス停へ・・・
バス停近くを散策この階段を登ると梅林がある 
a0289242_13275134.jpg

a0289242_1328815.jpg

鶴岡駅から酒井まで電車に乗りついで・・
酒井駅で観光案内所で教えて貰い山居倉庫までバスで
欅の並木道と倉庫と
a0289242_13293743.jpg

a0289242_13322373.jpg

a0289242_1332538.jpg

a0289242_13331721.jpg

船が入って来たんだろうな~
a0289242_1333412.jpg

a0289242_13351854.jpg

a0289242_1335482.jpg

a0289242_1336927.jpg

この橋を渡って
a0289242_13363735.jpg

a0289242_13365422.jpg


a0289242_13373074.jpg

a0289242_1338130.jpg

米どころ庄内のシンボル、山居倉庫は明治26年旧藩主酒井家によって建てられた米保管倉庫です。
米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。
白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のために背後に欅並木を配し、
内部の湿気防止には二重屋根にするなど、自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現在も農業倉庫として使用されています。
敷地内には酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設されています。

お土産屋でお買い物をしていると雨が傘を持参していない2人がビニール傘を買い次の観光場所
旧本間邸まで傘をさして歩く 途中で道を尋ねるとこの敷石をたどれば着きますよ…なるほど着きました。
立派なお屋敷撮影禁止

お昼の予約を入れている欅へ
お昼一番に欅から近くの旧鐙屋 (きゅう あぶみや)へ撮影OK
a0289242_13423981.jpg
a0289242_13425716.jpg

a0289242_11323037.jpg


a0289242_13442266.jpg


a0289242_11324721.jpg

a0289242_13444767.jpg

旧鐙屋でタクシーを呼んでもらい海鮮市場へ そこでまたタクシーを呼び本間美術館へ
本間美術館
本間家4代当主光道が、本間家別荘として文化10年(1813)建築。
6千坪(約2万平方メートル)の敷地内は、鳥海山を借景に林泉の風致をそえた池を中心とした廻遊式の庭、 鶴舞園をはさんで本館と新館(昭和43年竣工)があります。
a0289242_13461069.jpg

a0289242_13463763.jpg

a0289242_1347792.jpg

a0289242_13473777.jpg

a0289242_1348769.jpg

ガラス戸の向こうにイス・机がみえますか?ここでぶどうジュースを飲んで 家に入ってから降り出した
大雨を・・・雨も又楽しなんて 負け惜しみを言いながらゆっくり過ごしました。
a0289242_13482572.jpg

a0289242_13485532.jpg

a0289242_13491397.jpg

 ↑ 雨がやみ本間美術館へ帰る時に撮影しました。

本間美術館前の道をはさんで庄内空港行きリムジンバス停があるのでバスで空港へと思っていましたが
時刻表を見ると時間がありすぎなのでタクシーで庄内空港へ向かう事にしました。
17:55庄内空港発ANA900便
19:00羽田空港着
羽田着が少し遅れると案内あり 乗継時間が短い上に遅れると間に合わない??
乗務員さんに伝えると
飛行機を降りると 広島空港へ行かれるお客様こちらへと みんなと違う通路から搭乗口まで案内してもらい
スイスイと乗れて今回の旅も無事終了です。
19:30羽田空港発ANA687便
21:00広島空港着
[PR]

by babakzk9292 | 2013-07-16 15:43 | 旅行 | Comments(6)
2013年 07月 11日

湯田川温泉 九兵衛旅館7月9日

毎年作家今井絵美子さんとお誕生日をお祝いします。
昨年は佐賀へ5人の旅でしたが今年は4人で山県へ行ってきました。
もう一泊出来るといいんのですが 私もみなさんも忙しくやっと取れた時間を 大いに楽しんで来ました。
7月9日
10:05広島空港発ANA676便
11:25羽田空港着
に乗るために丁度いいバスがなくて早いけれど福山駅前発7時8分リムジンバスに乗って空港へ8時8分着
パソコンからプリントアウトした用紙カウンターに私切符を手に入れたので時間もたっぷりあるからモーニングを食べようと
レストランに入り注文して話してるとアナウンスが流れて3人の名前を呼んでいる『お伝えしたい事があるのでカウンターまでお越しください』と
何事かとあわててカウンターへ行くと羽田を飛び立った飛行機が何かトラブルがあり引き返したので1便早い
広島空港発8:55分発羽田着10:15分ANA674便に変更と後5分で搭乗手続き
急いでパンを口にほおり込みコーヒーを残しで飛行機に乗り込む早く広島空港へ行っててよかった ほっ
羽田で原さんと合流 早めの昼食をゆっくりと食べて庄内空港へ
12:35羽田空港発ANA895便
13:35庄内空港着
定刻通り空港に着き大きく名前を書いたプレートを持って庄内ハイヤーさんがお出迎えしてくれて

一番に松ケ岡
a0289242_21254680.jpg

a0289242_11124585.gif

a0289242_21262367.jpg

a0289242_21283710.jpg

a0289242_21302031.jpg


庄内藩校 致道館(しょうないはんこうちどうかん)
庄内藩の士風の刷新と、優れた人材の育成を目的に、文化2年(1805)酒井家九代目藩主・忠徳公が創設した藩校です。
徂徠学を教学とし、自主性を重んじた教育方針で、各自の天性に応じ長所を伸ばすことに主眼がおかれ、質実剛健な教育文化の風土を育む土壌となりました。
現在は、表御門、聖廟、講堂、御入間などが残っており、国指定史跡として一般に公開され、たくさんの人が訪れています。
この藩校建築は、現存するものとしては東北地方唯一のもので、歴史的、文化的にも価値が高いものとして知られています。
a0289242_2139257.jpg

                                          下を向いて歩いてる人 ↑ 庄内ハイヤーの運転手んさんです。お世話になりました。
a0289242_21351119.jpg

a0289242_2140157.jpg

庄内藩藩主酒井氏の菩提寺である大督寺。ここには他にも酒井吉之丞の遺髪塔や松平甚三郎の墓がある。
 また、この大督寺は明治22年10月に鶴岡の各宗寺院住職が大督寺境内に私立忠愛小学校を開校、
このとき昼食を持ってくることが出来ない家庭の子供達のために無償で昼食を給した事から、学校給食の発祥の地とされた場所。
また、藤沢周平の三方領地替を描いた「義民が駆ける」の舞台となった場所でもあります。

あるブログに残念ながら廟所は非公開でした。ガッカリ(´;ω;`) 墓域は高い塀で囲まれ、外部から見えないようになっております。と
書いてあるのですが大督寺本堂の窓を開けてもらうと高い塀で囲まれたその中がよーく見える場所でした。
玄武の上に墓石が乗っていたり 墓の向きがさまざまで 広ーい墓所なぜか写真を撮らなかった残念!!
酒井家直系の方だけがこの墓地に埋葬できるそうです。

風間邸丙申堂
明治29年(1896年)に、風間家7代当主 幸右衛門が、住まいと営業の拠点(店舗)として建てられたもので、広大な板の間や蔵など商家の特徴をよく残しています。
この年の干支が丙申の年であったことにちなみ「丙申堂」(へいしんどう)と名づけられました。

主屋を中心に、南側は道路に面し、薬医門と前蔵、西側に中蔵と奥蔵、北側に内蔵(金庫蔵)があり、座敷や茶の間など部屋数19室、計180畳の和室、広大な板の間、大黒柱が当時のままに残っています。この建物は、明治27年の酒田地震を教訓にして建てたと伝えられ、広い板の間にかかる梁をトラス(三角形)状にするなど工夫のあとがみられます
a0289242_2215104.jpg

a0289242_22153198.jpg

a0289242_220040.jpg

a0289242_2202147.jpg

a0289242_2215158.jpg

屋根
杉皮ぶきに無数の小石を乗せた「石置屋根」が珍しい
a0289242_2222257.jpg

2階から下を
a0289242_2231992.jpg

a0289242_2234166.jpg


土間ではなく長い石畳となっている「とおり」が屋敷をつらぬく
a0289242_22112483.jpg

a0289242_22115299.jpg


a0289242_22225762.jpg


a0289242_2224495.jpg

このあと車窓を楽しみながら九兵衛旅館へ
美味しい夕食・温泉・ホタルも見ました。
[PR]

by babakzk9292 | 2013-07-11 22:31 | 旅行 | Comments(2)