<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 21日

「今井絵美子 ~人は情の器物 江戸の世界~」

a0289242_1703221.jpg

定員80名を100名受け入れてそのあとはお断りしたと文学館館長さんがおっしゃっていましたが
講演会盛況で本当によかった!!
会期が長いのでみなさん一度はふくやま文学館に行って見てくださいね・・・
最後の3月9日のサイン会に行くと素敵なプレゼントがあるそうです。
  

今井さんからのメール転記
一年が経つのは早いもので、もう今年もあと僅かとなってしまいました。
この一年を振り返ってみると、フルスピードで駆け抜けてきたように思います。
さて、新刊のご案内なのですが、12月15日、もしかすると年末なのでもう少し早く
12日頃になるかもしれませんが、祥伝社文庫より「便り屋お葉日月抄」の第五弾「紅染月」が
発売されます。
今回も感動的な物語になっていますのでご期待下さいませ。お葉さん、おはまさんの根強い
ファンがいて下さり、早く逢いたいと声をかけて下さることでますますよいものを書か
なければと励みになっています。
そして、12月25日に角川文庫より「髪ゆい猫字屋繁盛記」の第一弾「忘れ扇」が刊行
されます。これは廣済堂文庫「照降町自身番書役日誌」の続編で、登場人物も舞台背景も
まったく一緒ですが、これからは髪結床猫字屋が主な舞台となり、新しい登場人物も加わり
ますます感動的な物語となっています。そして「照降町自身番書役日誌」のほうも来年
角川文庫より再び刊行されますので、まだお読みになっていない方はこれも是非お読み下
さるようお願い申し上げます。
そうして12月20日(金)より来年3月9日(日)までふくやま文学館にて「今井絵美子展」が
開催されます。生原稿やわたくしが小説家になるまでの軌跡や小説に出て来る料理の
レシピなどが展示されます。期間が長いので是非見ていただきたいと思います。
そして12月21日(土)13時30分より15時までふくやま文学館でわたくしの講演
「人は情の器物・今井絵美子の世界」という講演会があり、引き続き15時より新刊、
既刊本のサイン会があります。
沢山人が来て下されば嬉しく思います。また最終日の3月9日(日13時30分)より50冊
刊行記念としてふくやま文学館でサイン会が行われます。
皆さまに感謝の意味でちょっとしたプレゼントを用意していますので、まだ先の話ですが
頭に入れておいてもらえると有難いです。
最後になりましたが、どうか良いお年をお迎え下さいませ!!
来年も息切れしないように駆け続けますので、ご声援下さるようにお願い致します。

今井 絵美子

a0289242_16214016.jpg


「今井絵美子 ~人は情の器物 江戸の世界~」を開催します。




■会期 2013年12月20日(金)~ 2014年3月9日(日)
■開館時間 午前9時30分~午後5時 
■休館日 月曜日   ※月曜日が休日の場合は翌日
  年末年始休館:12月28日(土)~1月1日(水)
  臨時開館:1月2日(木)、1月3日(金)
■主催 (公財)ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま文学館/福山市教育委員会


■観覧料 一般 500円(400円) 高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金


[内容]
 広島県福山市在住の小説家・今井絵美子。画廊経営やプロデューサーを経て、執筆活動を開始しました。尾道の女流絵師・平田玉蘊を描いた単行本『蘇鉄のひと 玉蘊』(2002年)をはじめとして、約50冊の時代小説を刊行しています。
 〈照降町自身番書役日誌〉〈立場茶屋おりき〉〈出入師夢之丞覚書〉〈すこくろ幽斎診療記〉〈便り屋お葉日月抄〉〈夢草紙おかんヶ茶屋〉などの人気シリーズ。
 これら江戸を舞台とするシリーズもののほかに、福山・尾道・美作など瀬戸内地方が舞台となっている作品も少なくありません。
 また、今井作品は、そのどれもに、生きることの大切さyは人情のあたたかさが描かれています。作品中にちりばめられた料理の数々は、そのことをほのぼのと伝えます。「人は一人で生きているのではない、支え合って生きているのだ…。人は情の器物(うつわもの)…」とは、今井絵美子の言葉です。本展では、江戸の人情の世界とともに、作者直伝の料理レシピも紹介します。
[PR]

by babakzk9292 | 2013-12-21 17:07 | 今井 絵美子 | Comments(1)
2013年 12月 15日

鷲ガ頭山(わしがとうざん)(437m) 愛媛県・大三島

今年最後の登山

鷲ガ頭山(437m)      大三島  2013年12月15日


 15日(日)AM7:00福山発――――松永7:15――――しまなみ海道――

 ――大山祇神社~~~車道・林道~~~登山道(300m)~~~~鷲ガ頭山

 ~~~えぼし岩(220m)~~~~安神山(200m)~~~~展望台(150m)

 国宝館~~~~大山祇神社――――温泉――――道の駅(みかん)――――

 しまなみ海道――――福山着PM6:00予定予定より早く帰りました。



※朝6時55分までにK駐車場にお集まりください
※早朝ですので途中コンビニに寄り朝食タイムをとります。
※下山後温泉に入り、道の駅でお正月用の「みかん」を買い
 お寿司でも食べて帰りましょうか?
※メンバーは、いつものSさん・私・Wさん・YさんTさんの美女とKさん・SHさん・隊長の7名です。

2011年9月にZiZiBaBa登山隊で登っています。
この地図→の反対周りをしました。
a0289242_904522.jpg

ウィキペディア フリー百科事典から引用
鷲ヶ頭山は、愛媛県北部の大三島に位置し、瀬戸内海国立公園地域に含まれる。北西麓には、大山祗神社がある。
山の麓は概ねかんきつ類の果樹園に覆われている。山頂からは、東に生口島、岩城島など、南に伯方島、大島、西には大崎上島などの周囲の島々を望むことができる。
さらに、遠くは中国山地の山々も眺望できる。もともと大三島は降水量が1,142mm(1979−2000年平均アメダス)と少ないため水利に恵まれず、
初期消防力にも限りがあることから、過去、何度か山火事が発生し、被害を生じたことがあり、植林が行われている。地質は脆い。
山頂には二等三角点「鷲頭山」が設置され436.52mとなっている。
南山腹からは台本川(うてなほんがわ)が源流を発し、西流し、台海岸にて瀬戸内海に流れ込んでいる。
古くは鷲峯山、神ノ山、神野山とも書いた。

ここから出発
a0289242_17384199.jpg
a0289242_1738588.jpg


a0289242_17412426.jpg
a0289242_17413544.jpg

a0289242_17415996.jpg

ここから500m
a0289242_17432217.jpg
a0289242_17433928.jpg

a0289242_1744221.jpg
a0289242_1745102.jpg
a0289242_17452911.jpg

あと250mです。
a0289242_17454312.jpg

頂上 頂上は景色も悪く少し下の広場で10時30分早いのですがお弁当を食べて
a0289242_17472670.jpg

a0289242_17475958.jpg

車道を下りて
a0289242_1751491.jpg

a0289242_18295710.jpg

安神山へ
a0289242_1757511.jpg

a0289242_17425764.jpg

a0289242_17572537.jpg

少し進むと入り日の滝方面の看板を見つけ鉄塔の沿って下りれば行かれるとそれで3人がそっちへ
残り4人が安神山方面へ 3人が下りて行った方を写真下の方にコンクリート電柱の建っているところを高圧配電線沿いに下っていけば入日の滝に
a0289242_18620100.jpg

私たちが進む方から若者がやってきました。福山の若者たちでした。
a0289242_1864688.jpg

アキノキリンソウが残っています。
a0289242_188018.jpg

キキョウも
a0289242_1883036.jpg


a0289242_1884812.jpg

a0289242_1891688.jpg

振り返って
a0289242_1810780.jpg

a0289242_18103613.jpg

a0289242_18105759.jpg

3人の行った方は?
a0289242_18113392.jpg

火事の後が今も残って
a0289242_18122136.jpg

えぼし岩
a0289242_1813612.jpg

安神山
a0289242_18134493.jpg

a0289242_18145721.jpg

こちらからえぼし岩 落ちそうに見えます。
a0289242_18143425.jpg

a0289242_18183697.jpg

新しい看板
a0289242_18204837.jpg

こちらからも安神やまにくさりを使って登る道があるそうです。
それから入日の滝へと続く道もあるとか
地図をみるとくねくねと結構遠くおもえたのですが 平坦で20分ほどで行かれるそうです。
今度は通って見たいです。
a0289242_18213388.jpg

ここに下ってくる3人を迎えに来る予定が健脚組は駐車場まで先に帰って来てたので 車で入り日の滝へ
<滝のところから下っていくと遊歩道があり20分で大山祗神社に帰れる。道路まで出たら下り過ぎだ。遊歩道は木陰が多いので楽に歩けるでしょう。>
遊歩道がわかりにくいと書いてあるのを見ましたが現地に行って見ると駐車場から登って行くようになっていて案内板もなく確かにわかりにくい
これを知っていたら遊歩道をあるいたのに3人さん道路まで出て車道を歩かれてご苦労さまでした。
もう少し予習をして参加すればよかったかな?
a0289242_18224758.jpg

a0289242_18233399.jpg


a0289242_182416.jpg

ここを行く前に見てたらなぁ~
みなさんありがとうございました。
[PR]

by babakzk9292 | 2013-12-15 18:24 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(2)
2013年 12月 07日

段ガ峰「だるがみね」(1103m) 12月1日(SHODAの部屋の写真追加)12/7

段ガ峰「だるがみね」(1103m) 2013年12月1日  兵庫県生野町


 1日AM6:00福山発――――中国自動車道・播但連絡道――――旧生野荘

 登山口(600m)~~70分~~達魔ガ峰(913m)~~110分~~フトウガ峰

 (1082m)~~60分~~段ヶ峰(1103m)~~千町峠(990m)

 (生野荘から千町峠まで車を回します)――――温泉(入浴予定)――会食

 ――――播但海道・中国道―――ナビ登録が遅くなり予定と違う山道をドライブーー

中国道ーーー岡山道ーー山陽道ーー福山着PM7時予定 予定通り帰りましたが少し時間がかかりました。


※早朝5時55分までにK駐車場にお集まりください。
※途中コンビニに寄り、朝食タイムを取ります。
※下山後温泉・食事を予定しています。
※歩行時間は約4時間の初級者コースでのんびりと楽しく歩きましょう
※メンバーはWさん・私・Yさんらの美女とK(新)さん・Tさん・S隊長の7名


この↓地図の左端悠友荘から右端下生野荘跡(登山口)までは歩かなくていいらしい??車を廻してくれるそうですが健脚の人は誰かな?
木曜日11/28日に隊長から電話があり林道が閉鎖されて車が入れないから全行程を歩く?
杉谷コース登山口まではバリケードを移動して入れない事もないとか?さぁ~て当日はどうなることやら・・・
隊長がフトウガ峰まで一緒に登って引き返して車を廻してくれる予定にしていたのですが林道閉鎖で予定変更
7時間以上歩く覚悟が・・・・がんばらんくっちゃ  いつもの仲間なので安心して参加できるのがいいなぁ~
a0289242_15211443.jpg

う~ん 最初急登と書いてあるけど本当にきつそう・・・達魔ガ峰から最低コル迄は稜線を気持ち良く歩けそうですがそこから又急登・・・と覚悟を決めていたので
4時間かけて生野荘跡(登山口)から悠友荘まで歩きました Wさんが先導して下さったおかげで気持ち良く登れました。ありがとう
登り坂を見上げると足の止まる私ですが今回はみんなに置いて行かれずTさんに迷惑をかける事もなく歩けたことに感謝バンザーイ!!
隊長が登山口まで送ってくれて車を悠友荘に回して そこから段ケ峰まで登り フトウガ峰で合流する予定でしたが
隊長が来ないので フトウガ峰から隊長と出会うところまで歩こうという事になり 段ケ峰頂上まで40分位の地点で合流出来ました。
隊長の方から私たちがフトウガ峰を下ってる姿が見えたので 登って下るのがしんどいから ここで待っていたと・・・
あと少しで出会うところで声が聞こえるのですが姿が見えません左右に赤いテープがあります 左に少し進み
右の方から聞こえてくる・・・進んでみると???違うようです??
左の方が明るくテープもたくさんあり Kさんがどんどん登って行かれ こちらから大きな声で隊長とあえましたかぁ~
会えたよぅ~  みんな元気に登って会えました すぐ近くに居たんだ・・・
全員揃ってお弁当を食べゆっくりして お天気もよく風もなく最高の登山日和に感謝 空も青く 山々に囲まれて
それからアップダウンのない稜線を歩いて目的地段ケ峰頂上到着

そうそう若者が私たちを追い越して一人走って登って行きました。 反対からのぼった隊長にもあったそうです。
林道通れますよ・・若者は走って一周すごいなぁ~

a0289242_1556915.jpg

大変カメラ忘れましたスマホでこの写真だけ撮りました あとは一緒に登ったTさんSさんの写真待ちです。送られて来たらUPします。
みなさん宜しくお願いいたします。
a0289242_7442789.jpg


Tさんから写真届きました UPさせていただきます。 いつもありがとうございます。
写真に時間が入っていますから気を付けてみて下さい ZiZi・BaBaにしては良いペースで歩いています。
写真を送ってくださった Tさんは健脚でいつも一番後ろから写真やビデオを撮りながら歩かれます。で・・・わたしの大きなお尻が写る訳です。
出発8:50分
a0289242_9324593.jpg

9:11分SHODAさんの写真SHODAの部屋から勝手に借りてきました。SHODAの部屋も見てください。
a0289242_9192835.jpg

9:22分達磨ケ峰到着(SHODAさんの写真)
a0289242_9241556.jpg


a0289242_9454933.jpg

急な登り (SHODAさんの写真)
a0289242_9294930.jpg

a0289242_9492591.jpg

10:51分フトウガ峰山頂(SHODAさんの写真)
a0289242_9302265.jpg

a0289242_9473150.jpg

隊長と合流直前(SHODAさんの写真)
a0289242_9312218.jpg

昼食タイム
a0289242_9494062.jpg

こんな気持ちのいい稜線を歩いて段ガ峰頂上に向かいます。
a0289242_9495425.jpg
 
a0289242_9334844.jpg
 
目的地段ケ峰頂上集合写真
a0289242_9422620.jpg

これから下りSHODAさんの写真
a0289242_94897.jpg

a0289242_9492941.jpg
            
悠友荘がみえます。予約をすれば泊まれるようです。
a0289242_950505.jpg

SHODAさんの写真
a0289242_9494851.jpg

下山12:50分 休憩を含めて4時間でした。
隊長の車が待ってまーす。
a0289242_9521129.jpg

隊長が私たちを迎えにくる途中にいいところを見つけたし時間に余裕があるから寄り道をして
平清盛・ノルウェイの森のロケ地
a0289242_1027563.jpg

a0289242_10281346.jpg

まほろばの湯  温泉に入って
a0289242_9554468.jpg

Tさんありがとう お蔭でブログUP出来ました。感謝
SHODAさんの写真を追加 みなさんの写真で作ったブログですが
私の日記みたいなものなのでご勘弁を・・・
[PR]

by babakzk9292 | 2013-12-07 09:52 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(4)