noraばばの お遊び記Ⅲ

babakzk929.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 21日

吉舎(キサ)ヒガンバナ

広島県三次市吉舎町辻のヒガンバナ
中国地方随一といわれるヒガンバナの大群生
今年は昨年より早いと思って今日見に行きましたが
もう少し遅い方が良かったようです。

a0289242_1835955.jpg


a0289242_18105997.jpg

[PR]

by babakzk9292 | 2014-09-21 18:07 | お花 | Comments(4)
2014年 09月 14日

NHK野山を楽しむ会9月  鯉が窪湿原(こいがくぼしつげん)

福山駅北口8:00発ーーー道の駅さんわーーー道の駅 鯉が窪10:00ーーー鯉が窪湿原10:30・・・・・

鯉が窪湿原13:00ーーー道の駅 鯉が窪13:30ーーー油木百歳館15:30---福山駅北口16:30着

鯉が窪池は、300年昔の元禄8年(1694年)に潅がい用水池として築造され、
安政年間(1854年~1860年) に当時の備中松山藩主板倉氏が修築したと伝えられ、
満水時の面積は約2.7haあり、下流の水田約45haを潤しています。

湿原はこの池の上流に集中して広がり、面積3.6haで、一周すれば、2.4Kmあります。

この湿原には、満朝系の残留植物をはじめ、日中共通植物や寒地植物、日本固有植物、
その他周辺の植物を含め、およそ300種類を超える植物が自生しています。

中にはオグラセンノウ、ビッチュウフウロ、ミコシギクなど貴重な植物が多数生育し、
これは、標高550mの中層地にある湿原としては極めて珍しく、
「鯉が窪湿生植物群落」として昭和54年国の天然記念物に指定され、 新見市哲西町が保護管理にあたっています。

鯉が窪湿原は「西の尾瀬沼」とも形容される湿原ですが、尾瀬沼に比べると標高は1000m以上も低く、
多彩な植物が自生しています。

特に満朝系の植物であるオグラセンノウ、ピッチュウフウ□、ミコシギク等、かつて日本が大陸と陸続きであったころ、
満州、朝鮮、日本と広く分布していたと考えられる植物であり、しだいに離ればなれに分布するようになったもので、
これらの植物は残留植物とよばれ、滅びゆく運命にあると考えられている植物です。

その中でもオグラセンノウは、この鯉が窪湿原周辺と北九州、朝鮮北部だけにある貴重な植物です。
 
鯉が淵管理事務所 入園パンフレットより

a0289242_16223122.jpg


a0289242_193913.jpg


a0289242_1952926.jpg


ヒメシロネ
a0289242_1934232.jpg

a0289242_199557.jpg

サギソウ
a0289242_1971976.jpg

サワギキョウ
a0289242_2001938.jpg

エゾミソハギ
a0289242_1956716.jpg

a0289242_1957112.jpg

アケボノソウ
a0289242_19869.jpg

キセルアザミ
a0289242_19154035.jpg

a0289242_19161825.jpg

a0289242_19123320.jpg

アキアカネ?
a0289242_1995100.jpg


a0289242_1911164.jpg

a0289242_1928430.jpg

a0289242_19321276.jpg

イヌタデ
a0289242_1934194.jpg

ネコハギ
a0289242_207960.jpg

a0289242_19355980.jpg

キノコ
a0289242_1914478.jpg

ビッチュウフウロ
a0289242_1913928.jpg

a0289242_19133438.jpg

a0289242_19165347.jpg

タムラソウ
a0289242_19173728.jpg

ツルリンドウ
a0289242_19365646.jpg

a0289242_19391148.jpg

スイラン
a0289242_19382994.jpg

ミヤマウズラ
a0289242_19411568.jpg

オタカラコウ
a0289242_1942138.jpg

堰堤に帰って来てお弁当
帰り道東城を過ぎて寄り道
a0289242_1947286.jpg

ケマン
a0289242_19494814.jpg

シラヤマギク
a0289242_19502731.jpg

ハゴロモヒカゲミツバ
a0289242_2022237.jpg

ツルニンジン
a0289242_203875.jpg

a0289242_2033544.jpg

モリアオガエルを見つけて
a0289242_1951395.jpg

他のも沢山の花を見て来ました。
[PR]

by babakzk9292 | 2014-09-14 19:51 | NHK野山を楽しむ | Comments(5)
2014年 09月 07日

比婆山熊野神社(ひばやまくまのじんじゃ)

熊野神社駐車場→那智滝→竜王山までのルートを往復しました。
a0289242_1547625.jpg


急に思い立って町内の宮掃除をすませて7時30分福山出発ーーー東城道の駅でお昼のお弁当を買いーーー

熊野神0分駐車場9:40分出発
a0289242_18174876.jpg

階段横の坂道を登って行き帰りは階段を下りて 今日の目的のカリガネソウありました・・・
毎年見る場所にはなくて いつもの場所よりも少し上の場所にありました。
a0289242_18185171.jpg

a0289242_18204766.jpg

10時
a0289242_1825554.jpg

木漏れ日が木々の間からこぼれ緑がきれい 真っ青の空見え久しぶりのお天気です
a0289242_18244079.jpg

10時16分もう少しで那智の滝
a0289242_18215454.jpg

10時20分
a0289242_18271031.jpg

10時33分那智の滝着(約50分)ゆっくり登り ここて休憩コーヒータイム美味しかった
ここから竜王山まで50分と書いてありますがBaBa二人ゆっくり倍はかかるかな????
a0289242_18282197.jpg

a0289242_1830159.jpg

11時51分そろそろお昼にしようともう少し登って昼食タイム
a0289242_1832434.jpg

サラシナショウマ
a0289242_18362770.jpg

a0289242_1836532.jpg

a0289242_18373951.jpg

12時17分もう少しで竜王山頂上へ」
a0289242_18393715.jpg

12時24分竜王山到着(2時間45分)かかって・・・
a0289242_1841080.jpg

竜王頂上からの景色
立烏帽子駐車場を 立烏帽子駐車場まで歩く元気なし・・・
a0289242_18431463.jpg


a0289242_1843509.jpg

a0289242_18444799.jpg

ウメバチソウ
a0289242_18471357.jpg

a0289242_18473552.jpg

ススキとサラシナショウマ
a0289242_18483275.jpg

お弁当を食べた少し下のところにアサギマダラがたくさんいました。
いつもは立烏帽子駐車場から池の段へそれから車で竜王山へと回っていたので
竜王山キャンプ場の下まで行った事がありませんでした 今回初めて気が付いたのですが
ヨツバヒヨドリが辺り一面に咲き(もう枯れかかっていましたが)アサギマダラが飛び交っていました。
なんで今までここに来なかったのだろうと残念に思いました。
a0289242_1857305.jpg

a0289242_18575095.jpg

a0289242_1858764.jpg

a0289242_1858253.jpg

a0289242_18584390.jpg

a0289242_1859062.jpg

a0289242_18592282.jpg

a0289242_185957100.jpg

a0289242_1902166.jpg

a0289242_1904431.jpg

a0289242_1911147.jpg

帰りも那智の滝でお昼の弁当の残りとコーヒータイム(Fさんが持って来てくれました有難う)
a0289242_195220.jpg

通り抜け振り返って
a0289242_1955812.jpg

無事帰りました神社にご挨拶
a0289242_196373.jpg

気になっていた熊野神社から那智の滝竜王山登れて良かった お天気も最高でBaBa二人頑張りました。
車の「場所に14:50分には着いたかな(休憩を入れて本日5時間10分)
イザナミ茶屋で南京(カボチャ)を買いおまけにピーマンを貰って 大トチの木へ歩いて行くと云う若い男性をゲット
車で送ってあげ橋の手前で降ろしましたが そのあと広島までどうやって帰ったのだろう?
少し心配です バスもう無いと云っていたし・・・無事に帰っていますように・・・
[PR]

by babakzk9292 | 2014-09-07 19:07 | 里山歩き | Comments(3)