<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 30日

中井 貴恵 11月30日

音語り「東京物語」
~小津安二郎映画を聞く~

力強い復興を始めた反面、戦争の爪痕が 色濃く残る日本の姿を、 普遍的な“家族愛”とともに淡々と、
そして感動的に書き出した、 小津安二郎の代表作。
「東京物語」を、映画のロケ地でもある尾道で、中井貴惠が朗読 します。に誘っていただきました。
a0289242_1512645.jpg

昭和28年度文化庁芸術祭参加作品。
福山駅集合
BaBa3人+若い女性1人で電車に乗り尾道駅に
駅から海岸沿いを歩いて尾道U2内のレストランでランチを楽しんでからテアトロシェルネ(しまなみ交流館
1999年5月1日に開館した690席のホール中井貴恵さんの朗読会場へ 開場前から沢山の人が並んで
満席の会場でピアノ演奏と朗読が始まりました。
第1部の小津安二郎の思い出を語るでは 中井さんの父親俳優 佐田啓二さんの結婚式の仲人が
小津安二郎監督だったことや生涯独身だった小津監督に孫のようにかわいがられた思い出などを話しました。

第2部の 音語り「東京物語」では何人もの役柄を一人でこなす映画の一画面ひとがめんが思い起こされ
話に引き込まれて行き映画のイメージそのままの朗読に満員の会場は魅了されました
中井貴恵さん さすがプロですね。素敵な時間をありがとう 
誘ってくれた友人に感謝感謝 !!
[PR]

by babakzk9292 | 2014-11-30 20:01 | そのほか | Comments(4)
2014年 11月 22日

耕三寺 町内会小旅行11月22日(土)

町内会行事に参加 西の日光といわれる耕三寺です

ウィキペディアから転記
耕三寺(こうさんじ)は、広島県尾道市(生口島)に所在する浄土真宗本願寺派の仏教寺院。
山号は潮声山(潮聲山)。1936年(昭和11年)から伽藍の建立が始められた新しい寺院で、
日本各地の古建築を模して建てられた堂塔が建ち並び、「西の日光」とも呼ばれる。
このうち、山門・本堂をはじめ15の建造物が国の登録有形文化財として登録されている。
また、仏像、書画、茶道具などの美術品・文化財を多数所蔵し、寺全体が博物館法による博物館となっている。

耕三寺
a0289242_1782691.jpg


お天気に恵まれて紅葉も最高の時のようでした
10時32分
a0289242_16504255.jpg

a0289242_1650556.jpg

a0289242_1651680.jpg

a0289242_16512535.jpg

a0289242_16514451.jpg

a0289242_1718497.jpg

a0289242_16515432.jpg

a0289242_1652418.jpg

喫茶店で休憩冷たいジュースを頂きました 歩いて暑くなったのでとても美味しかった
未来心の丘  杭谷 一東さんの彫刻
a0289242_16522143.jpg

 ↑ の店のカウンターからの風景
a0289242_16572868.jpg

a0289242_16574225.jpg


a0289242_16575551.jpg

a0289242_17202851.jpg

a0289242_17212435.jpg

a0289242_16582318.jpg

a0289242_16583894.jpg

11時23分帰りに同じ場所で
a0289242_16585464.jpg


食事をすませて12時29分町をぶらぶら・・・国宝三重塔の案内が行きたかったけれど集合時間に間に合いそうにないので次の機会のお楽しみに・・・
a0289242_171790.jpg

[PR]

by babakzk9292 | 2014-11-22 17:03 | 旅行 | Comments(4)
2014年 11月 03日

東北旅行Ⅱ

10月30日
30日(木)八幡平登山(黒谷地・・・熊ノ泉・・山頂1613m・・・八幡平頂上P---3時間30分累計標高差600m

a0289242_153422.gif

八幡平アスピーテラインが通行止めで津軽こけし館や隣の津軽伝承工芸館を見学
a0289242_2228308.jpg

a0289242_2229589.jpg

a0289242_22293594.jpg

12時にアスピーテラインが開通の連絡が入り予定通り雪の中を5人が歩かれました。
準備中
a0289242_22303136.jpg

いざ出発12時36分
a0289242_22312815.jpg

a0289242_22334231.jpg

Tさんの写真私が行かれなかった場所うらやましいで~す
a0289242_9265133.jpg

a0289242_9272532.jpg

a0289242_9281295.jpg

車で八幡平駐車場へ
a0289242_22372341.jpg

秋田・岩手県境 秋田と岩手をひとまたぎ・・・
a0289242_22412034.jpg

八幡平展望台から岩木山を
a0289242_2242158.jpg

a0289242_22434985.jpg

a0289242_22444352.jpg

a0289242_22451874.jpg

a0289242_22462246.jpg


バスツアーの方たちその装備で登るの?
a0289242_19133637.jpg

登山口の雪の多さに…引き返すが・・
みんなが下りてくるのを迎えに少し登ってみよう・・・15時30分頃
a0289242_19193973.jpg

a0289242_19215794.jpg

a0289242_19234620.jpg

a0289242_19173440.jpg

入口の雪を超えると 石畳が見えて歩きやすくなったのでもう少し登る
a0289242_1926275.jpg

振り返って
a0289242_19293966.jpg

もう少し・・隊長に黙って来たし電話をしたら通じなかったからここまでで引き返す
a0289242_19314754.jpg

a0289242_19341266.jpg


乳頭温泉郷・黒湯温泉ここの離れ(別荘)に
ご高齢の方は少し離れているのでと云われ いえみんな登山をする仲間ですから足腰は大丈夫です。
それなら大丈夫です。???本当に大丈夫かな???
それにしても本館から遠かった。
a0289242_1937446.jpg

a0289242_19403592.jpg

a0289242_19435729.jpg


a0289242_19454982.jpg


31日(金)秋田栗駒ケ岳(八合目小屋・・・男岳・・・横岳・・・横長根・・・国見温泉 5時間30分 累計標高差1000m

栗駒山(くりこまやま)は、山体が宮城県、秋田県、岩手県の三県にまたがる山である。山頂部は宮城県と岩手県の境界になっており、二百名山の一つでもある。

a0289242_1601357.gif


秋田栗駒登山道に向かう前に鶴の湯温泉に立ち寄る 時代劇に出て来るような景色です
a0289242_1954679.jpg

a0289242_19545264.jpg

a0289242_19575257.jpg

a0289242_19583398.jpg

a0289242_19593926.jpg

またまた登山道通行止 残念登れません
a0289242_2004615.jpg


栗駒ブログ


栗駒山天気

やむなく下山予定の国見温泉にある登山口へ
温泉に入る人 少しだけ秋田駒ケ岳を散策する人に分かれて 私は温泉に入ってカラスの行水の後駒ケ岳へ あぁあ~忙しい 
ゆっくり考えたら少し歩いてから 温泉の方が良かったかな?
a0289242_2092040.jpg

a0289242_2095020.jpg

a0289242_20104441.jpg


ふしちょうえん 布糸灯園
布糸灯園でも夕食に出されたミズ人生で初めて口にした食べ物美味しかった
こちらでもあるのではないかと思います。
きをつけて散策途中で見つけ自分で作って見たいと思います。
素敵な宿でした 美味しいおそばに素敵なオーナーありがとうございました。
前日も遅かったと伺っていたのに 夜遅くまでサオリ織を教えていただき 仕上がったマフラーを洗濯・アイロンまで
翌朝は早い朝食を作っていただきほとんで休まれていないのでは ご迷惑をおかけいたしました。

岩手山近くなので朝日を見に出かけましたが 日の出は上手く撮れませんでした
a0289242_20274749.jpg

宮沢賢治の歌碑
a0289242_20283082.jpg

岩手山
いただきにして
ましろなる
そらに火花の涌き散れるかも
         宮沢賢治
碑について
 この歌は、賢治が盛岡高等農林学校3年の夏、学友の 保阪 嘉内 といっしょに泊りがけで、岩手山に登った時に詠んだものです。

 賢治にとっては生涯で最高にして最後の親友と言うべき存在だった嘉内との交友において、1917年7月というこの時期は、ひとつのクライマックスにあたっていたようです。
 7月1日に、賢治や嘉内が中心になって、文芸同人誌『アザリア』が創刊され、同月7日には同人の仲間でその「合評会」を開き、夜遅くまで大いに文学論をたたかわせました。この後、まだ興奮さめやらぬ若者たちは、深夜に盛岡から雫石まで20km近くを歩きとお保阪嘉内(左)と宮澤賢治(右)すという「馬鹿旅行(嘉内の表現)」をやってのけます。この時の模様は、賢治の短編「秋田街道」に記録されていますが、そこには、 まさにかけがえのない友情をかちえた賢治の喜びが、高揚する行間にあふれていま す。

 さらに賢治と嘉内は、この徒歩旅行の一週間後の7月14日~15日に、おたがいの友情を重ねて確かめるかのように、二人で岩手山に登ります。
 この時の思い出は、賢治にとっても嘉内にとっても忘れられないものとなったようで、二人ともたくさんの短歌にして残しています。その後、二人が離れて暮らすようになっても、 賢治は嘉内あての手紙のなかで、この岩手山の夜のことを、何度も何度も愛惜するように回想して書き送っていました。

 しかし、いかなる運命のいたずらと言うべきか、紆余曲折を経た二人は、深い友情を心の底に秘めつつも、おたがいに苦い思いをかみしめて、結局は別々の道を歩むことになります。ある時期から二人は、手紙のやりとりさえしなくなるのです。
 そして二人は、それぞれ相手の様子は知らずに死にました。


 輝かしい青春の日に二人が立った岩手山の頂上で、夜明けの白い空に湧き散っていたという「火花」とは、いったいどんな現象だったのでしょうか。 この時、どんな景色を二人は見たのでしょうか。
                                       石碑の部屋 - 宮澤賢治の詩の世界から転記

岩手山
a0289242_20294973.jpg

Tさんの写真です
a0289242_9304318.jpg

11月1日(土) 仙台港発12時50分~~~~~太平洋フェリー

11月2日(日) 名古屋港着10時30分―――御在所登山(三重3時間)==新名神=山陽道==福山着夕方
御在所山(三重県)ロープウェー+リフトで頂上へこれも登山だそうです。
残念でした お天気が悪く  御在所山へは行かずに高速で真っすく福山へ ここなら いつか又来る事が出来るでしょう・・きっと
a0289242_983495.jpg

a0289242_9112919.jpg



a0289242_1702851.gif

[PR]

by babakzk9292 | 2014-11-03 20:34 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(2)
2014年 11月 02日

岩木山・八甲田山・八幡平・百名山・東北旅行

a0289242_16574813.gif


10月27日(月)~~11月2日(日)

27日(月)福山発4時==(400K)==敦賀港10時出航~~~新日本海フェリーしらかば号

   船宿(個室)泊(20時間)~~28日(火)5時50分秋田港着

28日(火)秋田5時50分発ー――弘前岩木山登山3時間・・・岩木山山頂(3時間)

   登山口14時――――八甲田山・谷地(やじ)温泉宿泊

a0289242_9435323.gif


私は津軽・岩木スカイライン~と思っていましたが残念通行止め 全員登ることはできませんでした。
a0289242_9544732.gif

a0289242_20243620.jpg

a0289242_2025971.jpg

岩木神社にお参り
a0289242_2030865.jpg

神社横登山道 ここからも登れるようですが天気も悪く時間も足りません又の機会に??
a0289242_2031165.jpg

雪道で通行止めがあったりして遠回りしながらゆっくりと谷地(やじ)温泉へ
宿に入り温泉につかるともう外には寒くて出られません
29日朝 谷地温泉出発前に車の雪かき ひと汗かきました (私一人でしたわけではありません)
a0289242_2194172.jpg

a0289242_20373120.jpg
 
a0289242_2038822.jpg

a0289242_7261534.jpg

9時にこのゲートが開きます それまで待って
a0289242_20474867.jpg

a0289242_21105143.jpg

29日(水)八甲田山登山 ロープウエー~~山頂公園・・・大岳山頂・・・・酸ヶ湯温泉5時間30分
累計標高差1100m
ここも残念ながらロープウエーが運休中で動くまで
a0289242_21135631.jpg

a0289242_19173333.gif

雪中行軍遭難記念像がある場所に
a0289242_21185969.jpg

a0289242_21192916.jpg

a0289242_21203348.jpg

Tさんの写真 このくらい顔が小さければ誰かわからないでしょう・・・
a0289242_9345142.jpg

a0289242_21223068.jpg

八甲田山雪中行軍遭難資料館
a0289242_21281880.jpg

八甲田山ロープウェーが動きだしたと情報を得て乗り場へ
ロープウェーから
a0289242_21371150.jpg

a0289242_21422388.jpg

a0289242_2138148.jpg

山頂駅から散策に
a0289242_21405335.jpg

a0289242_21463468.jpg

a0289242_21473581.jpg

a0289242_21482026.jpg

a0289242_2149298.jpg


a0289242_2211655.jpg

a0289242_2213519.jpg

a0289242_2215590.jpg

a0289242_2222256.jpg

a0289242_2223664.jpg

a0289242_2225170.jpg

今夜の宿は酸ケ湯温泉に14時52分着
a0289242_2210865.jpg

a0289242_22111442.jpg

紅葉旅行が雪見???
[PR]

by babakzk9292 | 2014-11-02 22:14 | ZiZiBaBa登山隊 | Comments(2)