noraばばの お遊び記Ⅲ

babakzk929.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 11日

コウヤボウキ

a0289242_19352399.jpg
a0289242_19355136.jpg

[PR]

# by babakzk9292 | 2016-10-11 19:36 | お花 | Comments(5)
2016年 10月 11日

餘部 玄武洞

 
懐かしい平成19年11月18日 9年前の余部鉄橋です。

a0289242_16341152.jpg

今回はこんなになっていました。
空の駅
a0289242_2164962.jpg

a0289242_218792.jpg

a0289242_2183191.jpg

a0289242_2193983.jpg

a0289242_21104219.jpg

a0289242_21114815.jpg

玄武洞  公園の中心にある最も大きな洞窟。
a0289242_21225610.jpg

a0289242_2122331.jpg

a0289242_21232492.jpg

自然がつくり出した芸術ともいうべき、見事な柱状の節理(岩石の割れ目)で知られる玄武洞。全部で5つの洞から成り、
亀甲に似た6角形の石柱が群立します。約160万年前の噴火によって流れ出たマグマが冷え固まった際に形成されました。
世界で初めて地球磁場の反転説が提唱されるきっかけとなった場所として知られています。と
案内人さんに教えて頂きました。

青龍洞 高さ33m、幅40m、15mもの長い節理が見られます。
玄武洞の中でも最も長く美しい巨大な柱状節理を見ることができる。
なかには長さ15m にもなるものもあり、自然がつくり出したその模様の美しさは必見と
池の中から龍が昇っているように見えるとか
a0289242_2124698.jpg

a0289242_21282370.jpg

これも案内人さんの説明です。ありがとうございました。
[PR]

# by babakzk9292 | 2016-10-11 19:14 | 旅行 | Comments(0)
2016年 10月 06日

来客?

10月6日台風一過気持ちのいい朝 玄関を開けると来客???
あっ 踏んづけなくて良かった。

まずは後ろから失礼  ウスバツバメガ
a0289242_713472.jpg


前から おはよう
a0289242_7142687.jpg


台風 雨も風もたいした事なくて良かったね(^○^)
[PR]

# by babakzk9292 | 2016-10-06 07:23 | そのほか | Comments(0)
2016年 10月 02日

遅い彼岸花

近所に毎年咲く彼岸花 今年は特別に遅く咲きました。
10月2日小学校で秋の運動会をしている放送を聞きながら撮りました。
久し振りのお天気で暑いです。明日は曇りの天気予報がでています台風18号こっちに向かって来ています。。
a0289242_153105.jpg
a0289242_15311416.jpg
a0289242_1531249.jpg

[PR]

# by babakzk9292 | 2016-10-02 15:35 | お花 | Comments(0)
2016年 09月 30日

今井絵美子さんのメール転記

新刊案内とご機嫌伺い

秋も闌というのに、まったくよく降りますねえ~~。
わたくしの住んでいるマンションの隣に道三川という小さな小川が流れいるのですが、その草叢から夜になると虫の大合唱が聞こえてきます。
皆さん、雨降りの中でも虫は鳴くのだということに気づいていましたか?  わたくしは先日そのことに気づき、虫の健気さに胸を打たれてしまいました。
そして、わたくしはといいますと、手術後一年と四ヶ月を過ぎましたが、少しずつ少しずつ体力が衰えながらもまだ執筆に燃えています。
余命三年と言われているので、あとどのくらい書き続けられるのか不安に思いながらも、貪欲に一作でも多く書き残そうと思っています。
さて、ご案内なのですが、10月7日、徳間文庫より、「夢草紙人情おかんヶ茶屋」の第七段目「優しい嘘」が刊行されます。
一年振りになりますが、この度も、お蝠さんを巡るひぐらし店の面々が織り成す心温まる物語が綴られていますのでご期待下さいませ。
そして、10月2日(日)、読売新聞の読書欄で「いつもおまえが傍にいた」が取り上げられます。特別なことがない限り、この日に掲載されるそうですので是非、是非、お読み下さいませ!!
わたくし自身、どんなことが書かれているのかわくわくしながら待っています。
そうして、これからのことなのですが、いよいよ念願だった現代物「芦田川」の執筆に入ります。
これは昭和の高度成長期の福山を舞台に、芦田川沿いに生きる母、姉妹の愛憎物語です。
今井絵美子といえば時代小説作家と思われていますが、時代小説のように人情ものではなく、人間持つ、憎しみ、嫉妬、欲望などの嫌らしい部分を思い切り描いてみようと思っています。
人は誰しも良き部分と悪しき部分を持ち合わせているものです。ことに、肉親てあれば避けようもなく、切なく哀しいものです。
それを、時代小説では書けなかった部分として、書いておきたいと思っているのです。
刊行は来年になるかと思いますが、ご期待下さいませ!!
そんなわけで、生きている限り今後もせっせと書き続けますので、これからもご声援下さいますようお願い致します。

今井 絵美子
[PR]

# by babakzk9292 | 2016-09-30 08:22 | 今井 絵美子 | Comments(0)