noraばばの お遊び記Ⅲ

babakzk929.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 17日

今日退院します 33日間の入院生活終わります

下記の二人の先生に股関節の手術をして頂き
33日の入院生活 退院します 杖なしで普通に歩きます 階段の登り下りもOK
本当に絵に描いたような順調すぎる回復です
手術は先生が頑張って下さり リハビリは私とリハビリの先生方と頑張りました

股関節の痛みで悩んでいる人に私から手術も選択肢の一つと考えて見てください♡

関節の痛み・変形・リウマチに悩んでいるすべての方へ 整形外科治療専門情報サイト 人工関節ドットコム


a0289242_19090404.jpg

難波良文先生
人工関節ドットコムから抜粋添付しました

ドクター
プロフィール
岡山大学医学部卒業。医学博士。岡山済生会病院、岡山労災病院人工関節センターなどを経て、川崎医科大学付属病院に勤務。

筋肉を切る部分を最小限にするため手術後の痛みが少なく、早期回復が期待できる

個人差がありますが、皮膚や筋肉の切離が少なければ、手術後に感じる痛みが、従来の手術の場合より抑えられます。痛みが少なければ、一般的に言って、早期にリハビリが始められ、退院や社会復帰を早めることが可能になります。また、高齢の患者さんは、大きな切開を行う手術では、年齢的・体力的な面から手術後の回復に時間がかかることが多いので、従来の手術より切開部分の少ないMISは、高齢者にとっても、手術の負担を軽くすることができます。これらのことがMISの大きなメリットです。さらに、切開が小さいことは、合併症を起こす可能性を下げることにもつながります。

手術後の経過には個人差はありますし、リハビリの方法にもよりますが、手術の翌日から歩行訓練ができる場合もあります。手術後の痛みは多少あるものの動かすのが苦になるほどではないということも少なくありません。中にはほとんど痛みを感じないという方もいらっしゃるようです。また、手術後、早期に自分でトイレに行けることを喜ばれる方は多いようです。以前は、手術後1週間以上ベッドの上で用を足さないといけないことも少なくありませんでしたから、患者さんの精神面でも大きなメリットですね。




山陽病院ホームページから転記

医療法人辰川会 山陽病院
a0289242_19221360.jpg

山陽病院 副院長 狩野岳士先生

狩野先生は毎日Ⅰ回 必ず病室に顔を出して声をかけてくださいました 本当にありがとうございました

入院中先生外みなさんにお世話になりました 元気で退院できる事に感謝 本当にありがとう御座いました。
毎日朝一番に体温血圧測定そして「おかわりございませんか?」 「はい」と答えていましたが ある時から
「いいえ」看護師さんの顔が??? 「昨日より良くなっています」看護師さんの顔が笑みに変わる・・・
日ごと良くなって リハビリするたびに朝と昼からで違いが分かるくらい良くなっていきました
歩けるようになり階段の上り下りが出来るようになり体がしっかりしてきて足の裏で大地を踏みしめて歩けます。
病院の外を歩く距離を延ばして 家に帰っても大丈夫 19日月曜日から会社へ出勤します。 

a0289242_08324491.gif

ありがとうございました 感謝 感謝 感謝


[PR]

by babakzk9292 | 2018-03-17 07:21 | 股関節 | Comments(2)
Commented by sato-masanobu at 2018-03-19 07:32
股関節の手術の結果完治され、杖なしで普通に歩け、今日から職場に行かれるとのこと、まことにおめでとうございます。筋力、バランス感覚はまだまだだと思います。ご自愛いただきたいと思います。
mn-sato@nifty.com
Commented by babakzk9292 at 2018-03-19 13:25
sato-masanobu 様
ありがとうございます
歩けることに感謝・感謝です
これからは歳相応に頑張ろうと自分に言い聞かせています。


<< ありがとう      入院生活3月4~11日 >>