noraばばの お遊び記Ⅲ

babakzk929.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 28日

入院生活15日目

11年前の河津さくら
a0289242_07374939.jpg
2月28日(水)手術した場所を氷枕で冷やしていましたが今朝で終わり
       痛みみ止めは自己調節でと云われていましたが 医師からは痛くなる前に飲むように
       看護師さんたちは痛くありませんかと何度も聞く 手術したのだから少しくらい痛いのは当たり前
       我慢できない痛さではないけれど朝だけ飲んでおこうと思って飲んでいたが今日から飲まなくて良いそうです。

       病院廊下3往復歩く もう1往復増やしたいと思いつつも まだ自信がない
       体力の回復は毎日のリハビリを頑張る それしかないようです。
         
       今日も頑張ろう!!


[PR]

by babakzk9292 | 2018-02-28 08:01 | 股関節 | Comments(0)
2018年 02月 27日

股関節手術で入院中

今から10年前のセツブンソウ 
a0289242_09014888.jpg
a0289242_09021882.jpg
昔のブログを病院ベットの上で眺めながら 来年はセツブンソウに会いに行きたいと思いリハビリ頑張っています。
2月27日(火)今日も元気に病院廊下を3往復 途中体重計の前に思いきって乗って見る
      入院時より1.5kg減 退院までにあと?kg痩せられるか楽しみです。火木土シャワーもできる
朝シャワーをしてリハビリ 階段を登り下り初めてです。体もしっかりしてきて日々良くなっています。
      


[PR]

by babakzk9292 | 2018-02-27 09:09 | 股関節 | Comments(0)
2018年 02月 26日

股関節置換手術入院中

2月13日入院14日手術15日からリハビリ 26日抜糸・シャワーが出来ます。
2月25日夕方病院東端廊下から撮った写真
a0289242_16260776.jpg
2月26日夕方病院西の端から リハビリで今日から杖なしで病院廊下3往復 朝夕
明王台配水池(貯水タンク)があり、このタンクには螺旋状の階段がついており、最上部が展望台になっています。
明王台展望台から福山が一望 していた 今は反対から明王台を眺めて
  
a0289242_18484994.jpg
早く登れるようになりたいな・・・

[PR]

by babakzk9292 | 2018-02-26 18:54 | 股関節 | Comments(2)
2018年 02月 26日

入院生活

入院生活を送るにあたって高級ホテル・料理旅館に泊まるのではないので贅沢は云わないと決めて
出される食事以外は食べない毎回栄養カロリーを考えて暖かくて美味しい食事を運んでもらい感謝して食べています。
はじめはお腹が空いて久し振りにお腹が鳴る経験をしながら10日も経つとお料理にも慣れて量が少ないとは思わなくなりました。
ウンこれならさぞスマートになっていると思い期待して体重計に乗ってみた・・・残念100gも減っていない???(2月21日)

2月14日バレンタインに手術 12時手術室に入り麻酔が効いて何もわからなくなる16時すぎなんとなく声が聞こえる
    先生の声や娘と嫁の声も私がありがとうございましたと云ったような
    部屋に戻って足が動きますか?動かしてみてください 動きますね大丈夫ですね
    ぼーとしてたが夕方になるからそれぞれ家族がいるから帰るように云ったのは覚えています。

2月15日午後からリハビリ開始不思議ですね 手術前まで痛かった股関節の痛みがまったくありません 勿論背中から痛み止めを入れてますが
    今まで使っていなかった筋肉を使うとそれなりに痛いけれど我慢できない事はない これからが私が頑張らなきゃ・・

2月16日まだぼーとしている中ベットに横たわったまま認知症の検査を色々しましたがちゃんと出来ました。午前午後とリハビリ

2月17日尿の管が外れる 少し歩きやすくなる午前午後リハビリ

2月18日日曜日でリハビリがお休み 昨晩から大きな右足が更に大きくなりづうと氷で冷やしているのですがつま先を動かしたりリハビリでしたように   
    動かしたりしていて眠れなかったが朝方やっと少し楽になりました。

2月19日点滴もはずれて後は背中の痛みどめだけです リハビリから帰ると4階~3階に引っ越しベットに寝たままでお姫様になった気分

2月20日リハビリ午前午後2回頑張っています。

2月21日背中の痛みどめが外れて リハビリ室では杖なしで歩く練習をはじまました 今まで傾いて歩いていたくせを直してもらっています。
    午前午後リハビリ+夕方病室の廊下端から端まで1往復歩く

2月22日リハビリ午前午後2回杖なしでリハビリ室~病室まで歩く+夕方廊下2往復(杖を持って)

2月23日リハビリ午前午後2回+7時17時廊下2往復(杖)太く腫れていた足が左足と同じくらいになる(少しは腫れているようだが)随分楽になる。

2月24日リハビリ午前午後2回+7時17時廊下2往復(杖)日に日に良くなってしっかり歩けるようになっているのが自分でもわかります。 
    痛いのを我慢して歩いていたのがバカみたいです。

2月25日(日)リハビリお休みです 一人で朝昼晩と廊下2往復(杖)頑張りました

2月26日 朝廊下2往復歩き 朝一番に抜糸 しばらくしてリハビリ シャワーもきょうから出来るよ ばんざーい!!
昼前に一人でシャワー 頭・体を洗って すっきり あぁ~気持ちよかった!!


 股関節置換手術をお考えの人 一日も早い決断で手術をしたら本当に楽になりますよ
 私も もっと早く手術すれば良かったと思っています。


                   2月21日に撮った私のレントゲン写真(スマホで撮る)
a0289242_14482558.jpg


[PR]

by babakzk9292 | 2018-02-26 12:23 | 股関節 | Comments(0)
2018年 02月 13日

股関節置換術


今思えば古稀の同窓会があった頃から時々股関節の痛みを感じるようになっていて 少しづつ悪くなって行くのがわかってきていました。
股間節置換手術を決めました
H29年
9月9日9時  1回目の病院へ 友人が無理やり予約を入れてくれて しぶしぶ出かけました。
       次回は必ずご家族と一緒においでてくださいと云われて   
10月7日2回目 娘と一緒に問診 レントゲン写真を見せられながら 手術をと云われて覚悟は決めていたので 
        私の都合で2月にお願いをしました 娘は怖がっていましたが手術をするのは私です 私が決めま
       す 今井さんにも私の手術日を伝えられて良かった 彼女は言葉はいわれなかったがなんとも言え
       ない顔をしてくれたのが今でも忘れられない きっと心配してくれたんだと思っています
      
10月9日   今井絵美子さんの葬儀の時に私の歩き方を見て 杖を使った方がいいよと教えられるが
       格好悪いという思いもありなかなか持って歩くのは抵抗がありましたが
       いざ使うと魔法の杖だと気がつきました 会社でもみんな親切にしてくれます
       格好なんか言ってられません子供たちみんなに迷惑をかけない為には 私が元気でいなければ・・
       気の早い私はこの頃から入院の支度をパジャマや下着をそろえたり海外旅行の支度をしてるよう 
12月7日3回目 CT検査後診察 写真を見ると手術をしないと治らないのが一目瞭然でした。
平成30年
1月11日4回目手術をしてくださる先生と面会
       入院にあたって色々説明
       海外旅行用のトランクから2泊3日用に変更 バスタオルもパジャマもレンタル
       下着だけ持って入院です。
2月10日5回目最後の診察日 手術にあたって何か聞いておきたい事はありますか? ありません
       もうまな板の上の鯉の心境で 私は寝てるだけです 頑張るのは私ではなく先生・スタッフの方々
       です 本当に宜しくお願いいたします。
10日から12日まで3連休 家でゆっくりと思っていたら仲良しだった高校の同級生の訃報が入り
11日夕方友人とお通夜に懐かしい人達とこんな場所で会う歳になって来ました 長年苦しんでいたと聞いていた
    から入院する前にやすらかな奇麗な微笑んでいるような彼女とお別れが出来て良かったと思っています。       
2月13日 午前中仕事に出社そのまま午後入院 
2月14日 バレンタインデー 午後 手術です。
a0289242_10481850.gif

a0289242_10494194.jpg


a0289242_13351195.gif
人工股関節の手術は、人生に前向きになれる手術なのだ

人工股関節置換術は、満足度が極めて高い手術です。まず、痛みが劇的に取れますので、買い物に行ったり、旅行に行ったりなど、日常生活でできることが一気に増えます。中には人生が変わったとおっしゃる人もたくさんいますし、実際に人工関節にしたことを忘れて生活している人も多いのではないでしょうか。以前に比べると、人工股関節置換術は手術の確実性と安全性が格段に上がりました。人工股関節の耐久性も20年以上と大きく伸びています。変形性股関節症は、遺伝的な素因が強いといわれていますから、「親子三代で股関節が悪いので、仕方がない」と諦めてしまう人もいます。また、大昔の人工関節の印象を引きずっており、はなから手術を怖がり手術時期を逃している患者さんも中にはいます。しかし重要なのは、どこが悪いのか・痛みや不具合の原因は何かを正しく診断してもらうことです。股関節の痛みが強く生活に支障が出ているのであれば、積極的に人工股関節置換術を検討してみてください。手術は、症例数が多く人工股関節置換術に慣れている医師がいる施設が良いでしょう。人工股関節置換術を通して、より快適な日常生活を手に入れられることを願っています。

上記の文章を読んで 勇気づけられ先生と医学を信じて手術に臨みます。
術後の経過は元気になってから またつづきを・・・・

[PR]

by babakzk9292 | 2018-02-13 12:00 | 股関節 | Comments(2)