noraばばの お遊び記Ⅲ

babakzk929.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 26日

熊野神社8/26日

久しぶりにカリガネソウを見に熊野神社へやって来ました。目的のお花が咲いていました。
a0289242_15034306.jpg
a0289242_15040531.jpg


熊野神社《広島県庄原市西城町熊野1160》
古事記に登場する国生みの女神・伊邪那美命(いざなみのみこと)を祭神とする古い神社。伊邪那美命の墓とされる
「比婆山御陵」を拝む場所として古来、信仰を集めている。周辺にそびえ立つ杉の老木群は驚くほど巨大で、なかには
樹齢1000年といわれるものも含まれ、広島県天然記念物に指定。参道入口近くにある杉は「天狗の休み木」と呼ばれ、
伊邪那美命の使いである天狗がこの木で羽を休めたという伝説が残る。神社のそばには登山道があり、
竜王山への道のりの途中、落差30mの鳥尾の滝などを見ることができる。手術前に登った事があり登れる友人とゆっくり
登って見たいと思っていますが今日はカリガネソウで我慢・・・

a0289242_15032499.jpg
a0289242_15042136.jpg

a0289242_15045397.jpg
a0289242_15043957.jpg
ツリフネソウ
a0289242_15085611.jpg




[PR]

by babakzk9292 | 2018-08-26 15:11 | お花 | Comments(1)
2018年 08月 18日

鯉が窪湿原8月18日の花

ワレモコウ
a0289242_16343215.jpg
a0289242_16350075.jpg



サギソウ
a0289242_16302312.jpg
a0289242_16305915.jpg
a0289242_16312318.jpg
カワラナデシコ
a0289242_16295190.jpg
ビッチュウフウロ
a0289242_16325615.jpg
アギナシ
a0289242_16333600.jpg







[PR]

by babakzk9292 | 2018-08-18 16:36 | お花 | Comments(2)
2018年 08月 15日

カマキリ大丈夫?

殺虫事件です 嫌いな人は見ないでください。目撃しながら止めない私は罪に問われるかな?

ジャコウアゲハは体に毒を蓄えているから外敵に襲われないと聞いていました 幼虫も毒を・・・カマキリ君お腹が痛くなりませんか?
a0289242_15022847.jpg
a0289242_15031006.jpg
a0289242_15043371.jpg
a0289242_15100820.jpg
後ろ向きのままどんどん上へ上へと登って行きます カマキリは力もちです 

数時間後方向転換していました 
a0289242_17115834.jpg

a0289242_17122329.jpg



[PR]

by babakzk9292 | 2018-08-15 17:14 | ウマノスズクサ | Comments(0)
2018年 08月 14日

ホソオチョウ幼虫?

ウマノスズクサに水やりをしていて あれこれは何だろう?
a0289242_07340594.jpg
a0289242_07342064.jpg
a0289242_07343455.jpg
ホソオチョウではないだろうか?もしそうだったら どこからきたのだろう調べてみると どうやら要注意外来種らしい来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人為的に他の地域から入ってきた生物のこと[1]。アレロパシーが強い場合に生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる[2]。 とに書いてあった。蝶になるまで見守ってそのあとはどうすればいいのだろう???
[PR]

by babakzk9292 | 2018-08-14 07:48 | ウマノスズクサ | Comments(0)
2018年 08月 14日

ホソオチョウ幼虫?

ウマノスズクサに水やりをしていて あれこれは何だろう?
a0289242_07340594.jpg
a0289242_07342064.jpg
a0289242_07343455.jpg
ホソオチョウではないだろうか?もしそうだったら どこからきたのだろう調べてみると どうやら要注意外来種らしい来種(がいらいしゅ)とは、もともとその地域にいなかったのに、人為的に他の地域から入ってきた生物のこと[1]。アレロパシーが強い場合に生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる[2]。 とに書いてあった。蝶になるまで見守ってそのあとはどうすればいいのだろう???
[PR]

by babakzk9292 | 2018-08-14 07:48 | ウマノスズクサ | Comments(0)
2018年 08月 11日

ウマノスズクサ 再び芽吹き

あんなに枯れていたウマノスズクサが頑張って若葉が一面を覆うまでになってくれました8/10
a0289242_20382233.jpg
a0289242_20374732.jpg

幼虫も少しづつ大きくなってきてるので なんとか餌は足りそうです・・・
春は黒い幼虫が多かったと思うのですが ここにきて茶色の幼虫が目立っていたのが
今は茶色からいつのまにか黒色に変身したのと茶色のままのといます。
今日は幼虫と遊んで見ました わざと触ってオレンジ色の臭覚を出さして写真を撮りました
幼虫君には迷惑をかけました 怒って132.png132.png132.pngますよね・・・

a0289242_08212387.jpg
a0289242_08210899.jpg
a0289242_08552412.jpg


a0289242_20394947.jpg

a0289242_08234415.jpg

a0289242_08532287.jpg
a0289242_08534037.jpg
a0289242_08564287.jpg














[PR]

by babakzk9292 | 2018-08-11 10:24 | ウマノスズクサ | Comments(0)
2018年 08月 06日

8月5日鯉が窪湿原(岡山県新見市哲西町矢田)


帰り路立ち寄った親子孫水車
a0289242_20223757.jpg


ご近所のbaba4人で鯉が窪湿原へ計画

a0289242_20201347.jpg


台風(私の住んでる処は風も雨もたいした事なくてラッキー)やお食事の予約が29日ならOKでしたが5日はダメ
食事は食事で今度にしようと色々ありましたが 兎に角行こうと云う事になり行きあたりばったりの湿原お花見ドライブとなりました。

今日の目的はサギソウ 沢山あったのですが遠くてピンボケですが

a0289242_20094169.jpg
ビッチュウフウロ
 
a0289242_20111301.jpg


エゾミソハギ
a0289242_20120604.jpg
オグラセンノウ 
a0289242_20124967.jpg


イチヤクソウ(親切に棒で印があり気がつきました。全草を1本まるごと乾燥させて薬用にすることから「一薬草」となったという説が一般的だそうです)花がまだ咲いてなくて残念
a0289242_20141007.jpg
2011年7月26日栂池のベニバナイチヤクソウ
a0289242_16432743.jpg




アギナシ(アギナシは朝鮮半島にも自生しますが、日本原産種であるといわれています。高さ10〜60.同属のオモダカと類似するが、アギナシは根元に粒状のむかごを多数形成する一方で、オモダカはしかつくらないため、草体を引き抜けば区別できる。また、アギナシの花は葉より高い位置につくという特徴もある。そうです
何年も前にNHK講座でオモダカとアギナシの説明を受けた事だけは覚えているのですが内容は忘れました・・・
a0289242_20145611.jpg
a0289242_20143423.jpg




クロモジの黒い実(初めて見ました)
a0289242_20183102.jpg
鯉が窪湿原散策1時間の予定がゆっくりと途中休憩もして2時間かけてまわりました。
食事の予約がキャンセルだったのですがAさんが前日もしかしてキャンセルが入っているのではと
電話をしてくれたら4人キャンセルがあり最初の計画通りの食源の里 祥華で美味しいお料理を堪能
相席と聞いていたのに私たち遅くなったので相席の方はもう帰られていてクーラーのきいた景色のいい
お部屋に通されてゆっくりと食事とおしゃべりを堪能いたしました。
運転をしてくださったAさん昔からの山友達Sさんお互いの祖母が知り合いと云う不思議なご縁のYさん
暑い1日家でぶらぶらしているよりも1000倍有意義な楽しい1日になりました。皆さんに感謝・感謝






[PR]

by babakzk9292 | 2018-08-06 20:31 | お花 | Comments(1)
2018年 08月 03日

ウマノスズクサとジャコウアゲハ

ウマノスズクサ6月
a0289242_19162124.jpg


a0289242_19110727.jpg
a0289242_19122905.jpg


a0289242_21495953.jpg


a0289242_19145783.jpg

1枚目の写真は6月のウマノスズクサです大きく成長していましたが
8/2日下の写真のようにほとんど枯れてきましたと云うものジャコウアゲハの幼虫に食い尽くされて
a0289242_19173624.jpg
どうなるかと思いきや8/3は蛹と卵だけとなりウマノスズクサも再生をはじました
幼虫は蛹になる前にどうして自分の餌を茎を噛み切り枯らしてしまうのでしょうか?
ところが噛み切られたところからウマノスズクサが芽を出してきました早く大きくなあれ・・・です。

a0289242_19194228.jpg
a0289242_19212212.jpg

孵化した幼虫が大きくなる前にウマノスズクサがどんどん大きくなってくれる事を願うばかりです
幼虫は大きくなるにつれて大食いになります 本当にいっぱい食べて蛹になる前に茎を噛み切り枯らします。

 

ジャコウアゲハの産卵 ⇒ 弱齢幼虫の誕生 ⇒1~4齢幼虫 

終齢(5齢幼虫)幼虫へ脱皮 ⇒ 蛹への変態 ⇒ 羽化 ⇒ 

交尾 ⇒元にもどる

春~秋にかけて3~4回繰り返し最後の蛹が越冬します
終齢幼虫は結構移動します特に秋を感じて越冬するなと思うころは
どんでもなく遠くまで移動して驚かされます


 




[PR]

by babakzk9292 | 2018-08-03 09:32 | ウマノスズクサ | Comments(3)